自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

0
    僕の命は、この星のために、宇宙のために、何ができるんだろう

    NLPにおいて、セルフイメージはどこまでも大きくできる

    どうせなら、大きく生きたい

    精神世界はもちろん、自然環境、病気、食などなど
    人が生き生きと、輝いて生きられる世界を創るために…☆

    コーチングはその手始めであり、核でもあります
    個人の変容は社会の変容ですからね♪

    電車の中でふとそう思いました

    0
      エクアドルの先住民族キチュアに伝わるハチドリの民話。

      山火事を逃れようと急ぐ動物たちにたいし、「私は私にできることをしているだけ」と、小さなくちばしで一滴ずつ水を運ぶクリキンディという名のハチドリ。

      ハチドリハチドリの写真

      ハチドリはハチドリ科に属するの総称である。 鳥類の中で最も体が小さいグループであり、体重は2〜20g程度である。(by wikipedia)








      有名な話なんですね。

      この話を最初に教えてくれたのは、師・宇野ひろみ。
      彼は年間3万人以上が自殺している日本で、自殺者を0にするという大目標に向かって歩んでいる。
      その彼に、おまえはまるで「クリキンディ」だと言った人がいたそうです。

      最近は、缶コーヒーを紙パックにして、地球のエコを訴え、その売上により、コーヒー豆原産地生産者たちの生活基盤を守るために使っているという団体も、自分たちの活動をこの話に例えていました。

      目標が大きければ大きいほど、生きることとは「クリキンディ」になることですよね。
      さて、僕は何のクリキンディとして生きるか。
      今は師の元で、師の志のために在ろうと思います。
      NLPコーチング&セラピーの習熟と拡大ですね。

      「今、僕にできること」

      忘れずに生きていこうと思います。

      JUGEMテーマ:自己実現
       

      0
        ブレーンストーミングという会議法がありますよね。
         
        wikipedia↓
         
        以前、似たようなことを書いた気がしますが、なんとなくまた書きます。
         
        今日友人と話していて、とにかく頭に思い浮かんだことをドンドン出してみようという話になりました。
         
        しかし、通常通り考えようとすると、どうもすぐにつまってしまいます。
        僕らは何かを考えようとすると、どうもいくつかしか浮かばない頭になってしまっているような気がするんです。
        どうしてそうなってしまっているんでしょうか。
         
        僕らの日常はいつも何かが正しいように考えなくてはならないと思っているのかもしれません。
        小さい頃から、何が正しいのか、決められた中で育ってきていますもんね。
         
        親に怒られないように、先生に怒られないように、人に嫌われないように、変な奴だと思われないように・・・
         
        理由はいろいろですが、ここにかかっている制限が、自分の人生そのものを小さくしていってしまっているとしたら・・・
         
        恐ろしい気もしますし、その制限を外せる人生への新たな期待に胸が膨らみます
         
        何をやろうとしても、100個くらいはすぐにやりたいことを思いつく。
        そんな自由な頭でいたら、人生がきっと軽いですよね。
         
        これは無意識とのかかわりにも関係することですので、また書きます。
         
         
        JUGEMテーマ:自己実現

        0
           今朝、ABCテレビの「題名のない音楽会」を見ています。

          今日は、尺八と三味線奏者のお二人。

          (この動画はBOOMの「島唄」を尺八で演奏したもの。たしかに音色を聞くとまた違った音楽性を持った感じがしますね。)

          エンターテイメント情報が薄い私は、お二人についてあまり知りませんでしたが、そこで語られている「音色」という言葉には興味を引くものがありました。

          日本の楽器には西洋にはない、「風」などの自然の中にある音をあらわす部分があり、音の出し方によって音色が変わるようになっている。
          これは楽器のつくりが原始的だからこそ、こういう違いが出せるんだそうです。

          西洋楽器は完成度が高い故に、個人の音への自由度が低いってことなんでしょうか。
          しかし、そこには高次元の完成された音たちによるハーモニーが展開されるので、それもまたgood。

          そして今回学んだのは、英語圏の方が語っていた
          「英語ではトーンとかの言葉はあるが、『音色』ということばは翻訳しにくいんです。音に対してそういう立体的な表現は難しい」
          という言葉。

          昔聞いた話ですが、英語だと1000語に満たない単語で会話が成立するのに対し、日本語は3000語くらいを要すると言われていたのを思い出します。
          日本語って一つのものを表現するための単語がやたらに多いんですよね。

          NLPは無意識動作を言語化することによって生まれた、一見魔法のような実践心理学。
          私の師は当人の持っている「語彙の質」が「人生の質」だと言っています。

          そのNLPを、言語数の多い東洋人が使うと、幅はさらに広げることができるのではないかとふと思いました。

          0
            人生とは何なんでしょうか。
            どこに向かうんでしょうか。

            そんなこと、人であれば一度くらい考えたりしますよね。

            私は仮説として、意識しているか、していないかに関わらず、
            「人は皆、人生のアーキテクト(設計者)である」
            と思います。

            映画「マトリックス」では、ネオが最初モーフィアスに、「速くなるのではない。速いことを知れ」と言われます。
            救世主としての自分に目覚めていくネオ。
            弾丸は身体に当たらなくなり、空も飛べるようになり、限界はないようにも思えましたが、現実世界とマトリックス(コンピューター上の世界)の狭間で、何かを感じ始めます。
            限界も・・・。
            預言者に会い、ついにアーキテクト(マトリックスの設計者)との遭遇。

            そしてその力はマトリックスを飛び出し・・・。
            おっとしゃべりすぎましたね。
            あんまり映画の内容をしゃべるのは良くないですよね。

            人生も似て非なるものではないでしょうか。
            私たちが普段生きる世界は、既存のアーキテクトの設計通りにしか現実は起きてこない。
            普通に過ごしていれば、その呪縛から解き放たれることはない。

            でも、ネオは新しい力を得ましたよね?
            アーキテクトが設計した以上の力を。
            歴史を変えましたよね。

            そこに起きたことは何なのでしょうか。

            私のコーチングはセルフイメージにこだわった部分があります。
            つまり自分は誰であるのかってことです。

            もし名前がないとしたら、私は誰なのか。
            「私は○○である自分を生きている」
            と言い切れたら、その人の人生の飛躍はきっとすごいものになるでしょう。

            コーチングとは、そんなあなたを生み出すこと。
            そして新しい世界地図と設計図を描くお手伝い。
            あ、これは一側面です。

            全ては貴方の中にあるんです

             JUGEMテーマ:自己実現

            0
              今朝、太極拳に数日ぶりに行きました。
              着くと、先生がいろいろと話しかけてきます。

              この数日は何してた?
              実家はどこだった?
              最近は帰ってるか?

              などなど

              何か意味があるわけではなく、
              要は私を気にしてくれているという感じです

              数日行かなかったことで、若い人がいない太極拳サークルなので、なんか気になったんでしょうね。

              ということで、結局私が受け取ったのは、
              「また来いよ」とか
              「俺はお前を気にしてる」
              などの言葉です。

              実際に語られてる言葉と、無意識が語りかけてくる言葉は少しズレがあるんですよね。

              以前の日本人は、「好き」や「愛してる」、「大切に思ってる」などをあまり言わなかったのに、それを感じていた。
              何も言われなくても、感じ取れる愛や親しみに満たされれば、人生をより素敵に生きられんでしょうね。

              「聞く」とは深い言葉です。

              無意識が発する貴方の声
              私にも聞かせてください(^-^)

              今月の無料コーチング受付あと4名
              連絡先↓
              salon.de.bia@gmail.com

              JUGEMテーマ:コーチング 

              0
                2年前に、宇野ひろみに出逢ってから、徐々に感じてましたが、
                最近特に思います。

                日ごろのストレスがない。

                これってすごいですよね。

                はい。

                すごいです。

                一生懸命考えながら生きてきた私が、
                考えないことを手に入れた。

                そういう生き方を教えてくれたのかもしれません。

                無意識という存在を・・・

                0
                   今日は久しぶりに母と電話しました。

                  人はそれぞれに今ある状況にストレスを感じてたり
                  しますよね。

                  私は尊敬する母ですが、彼女もストレスの波に
                  のまれるときはあるようです。

                  最近、いろいろと一緒になる女性についての話でした。

                  要は発言が感情的で、周囲に無頓着みたいですね。

                  人はみな、素敵な存在だと言えますよね。
                  その前提はそのままだとして・・・

                  無頓着な発言に一喜一憂するのは、
                  自分の人生に効果的じゃないですよね。

                  だって無頓着なんですから

                  意図のない発言は、攻撃的でもなんでもないんですよね。

                  ま、要するに

                  「気にしない」

                  これって当たり前の、素敵なストレスフリー手法ですね

                  0
                    こんばんは

                    今日はいろいろ考えることがあって、こんな時間まで
                    起きてしまっています。

                    私自身、ある意味自己啓発の内容を含むセミナー開催側
                    の人間なのですが、

                    最近の自己啓発セミナーやスピリチュアリティには、
                    功罪があるように思い、どうも物申したい部分があります。

                    それは、

                    個人の生きる力そのものを低下するようなことが
                    起きていませんか?

                    ということです。

                    今、経済は世界的に低迷してますよね
                    どうも生きにくい世の中になってきると思います。

                    自殺者も年々増えてます。

                    反面、各種セミナーや占い、スピリチュアルの
                    世界は伸びていると思います。

                    個人の考え方の枠組みを広げ、今までにない発想法を得て、
                    限界と感じてしまっている物の見方を転換できる

                    そんな素晴らしい側面と同時に、

                    このままで幸せ

                    という壺にはまってしまっていないか

                    なんでも受け入れるだけがうまくなって、
                    今を満足にすることで、生きる力そのものを
                    低下させていないか

                    最近、特にこのことを考えます。

                    これがもし、どこかの層ではうまくいってると
                    考えてみると・・・

                    歴史のベクトルはどこに向かっているんでしょうか
                    誰がそのメリットを持っているんでしょうか

                    いつの間にか、いいように飼い慣らされていないか

                    考えてみようと思うんです。

                    幸せとは何なのか

                    単なる金持ちでも、単なるストレスフリーだけでも
                    ないでしょう。

                    しかし、

                    勘違いの満足感

                    に満たされてしまっていないか

                    気付いてみれば、自らの生産性を落としていないか

                    当てはまる人は、考えどころではないでしょうか

                    (あ、もちろん当てはまらない人は気にしないでくださいね)






                    だからこそ、

                    個人の収入を少しでも上げるお手伝いとして
                    TOLというビジネスチームと関わり、
                    個人が、具体的にお金を得ていけるよう
                    努めています。

                    TOL-JAPANブログ

                    ブログより、チームそのものの中身を
                    知っていきたいという希望の方があれば、
                    私まで、直接お声かけください

                    TOL-JAPAN チーム員 Taisho
                    salon.de.bia@gmail.com

                    0
                      こんばんは
                      うつ解放&目標実現プロコーチのTaishoです

                      理由」という言葉

                      信念を形成するために使えば、
                      きっと生きたい人生が手に入り、

                      行動しないがために使い始めると、
                      その道は遠ざかるのだと・・・

                      ふと思ったりします。

                      | 1/3PAGES | >>