自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.12.30 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    0

      今日はとっても充電な一日でした


      お昼は「日本のお盆を体験しよう会」(という名前だった気がするあせる

      主催してくださったnagiさん、す〜ぱ〜かあちゃんさん、ちえさん本当にありがとうございました


      最初にお盆についていろいろとお話くださり、お釈迦様から始まったありがた〜いアップ行事だってことを知り、座禅瞑想、それから写経&写仏


      初めてで下手でしたが、自分の内面に向き合うには、とってもすばらしい時間を過ごせました

      一字ずつその瞬間の自分の状態が表れるような感覚があって、これって普段の自分でも言えることだなぁって思いました

      命… それは幾千億の生命の欠片-写経 (僕の初写経&初写仏作品)


      写仏なんて、書いた人全員が全然違う顔になっておもしろかったです


      で、夜は「なにわ淀川花火大会」ですよ〜

      かねてからgoogle mapを駆使して航空写真で良さそうな場所をゲッツしつつ、3時間前に淀川河川敷へ音譜

      ついてみると赤く染まった不思議な空がお出迎えニコニコ

      命… それは幾千億の生命の欠片-花火?


      いざ花火が始まると空いっぱいに明るさが広がるような、特大花火の連続

      和装で行ったので雰囲気も楽しめましたにひひ

      命… それは幾千億の生命の欠片-花火?

      命… それは幾千億の生命の欠片-花火?

      命… それは幾千億の生命の欠片-花火?  
      やっぱ日本の夏は花火ですねぇ


      人間科学のブログも更新しなきゃあせる

      でも今日はもう寝ます

      今日も良い日でした


      おやすみなさいチョキ


      0

        今日はちょっと散歩してこようってことで、近所をあちこち歩いていると・・・


        見つけちゃいました


        変なお店


        その名も「いい塩梅(あんばい)」にひひ


        もちろん梅干しのお店です


        でも僕は梅干しよりも、そこの蜂蜜に目がいきました


        なんとまっ白い蜂蜜


        そこには「純粋100%」との文字が・・・

        命… それは幾千億の生命の欠片-蜂蜜


        こういう言葉に弱い私汗


        しかもそこの主人がわざわざ出てきて、語る語る・・・


        最後に「砂糖が酸性なのに対して、蜂蜜は体内にはいると強アルカリになる・・・云々カンヌン」


        パンチ!もうノックダウン


        買ってしまった汗


        ちょっと貧乏暮しをしようと思っていた矢先に・・・


        450gも・・・


        食パンを食べる習慣のない私がこんなにどうやって消費するのかダウン


        う〜ん


        熱い人に感動してしまうこの体質は、時々こまりもんですガーン


        -----

        0
           昨年、アメブロで書いていた人間科学に関する記事も、こちらに引越ししました。

          人間科学的に見た、効果的なダイエットなどについても、けっこう書いてます。
          ご興味のある方は、2009年7月と8月の記事をご覧ください。

          0

            どうも大照です。

            昨日は日本セラピーセンター主催の

            「EFTプラクティショナー講座(1日目)」

            EFTプラ講座初日

            でした。

            私は後ろでオブザーブしていましたが、毎度講師の高橋良専務理事は
            深いことを淡々と伝えていくのがすごいところです。

            私もEFTで幼少期のトラウマから解放されましたし、この技法は
            本当にすごいと思います。

            そして、誕生日を祝っていただきました。
            33歳です。

            こんなに盛大に祝ってもらったのは初めてなので、とても
            ありがたかったです。

            おっきなお祝いケーキ


            今日は、私の他に二人も同時にお祝い!
            なので余計盛大でした。

            みんないい顔です。
            こんなにたくさんの人が祝ってくれました

            TTS(セラピスト・トレーニング・スクール)の情報公開スタートと共に、
            忙しいながらも、とっても充実した日々が始まった私です。

            TTSホームページはこちら☆
            http://jtc-npo.jp/tts/


            0
              うつセミナー画像

              以前よりお知らせておりました大阪府門真市のNPO協働事業セミナー

              対人援助に潜む鬱とストレスの恐怖

              対人援助に潜む鬱とストレスの恐怖


              多数の参加者にご来場いただきまして、無事に執り行うことができました

              門真市保健福祉センター

              門真市は行政を公民一体で行っていきたいという願いをNPO団体の連合との協働事業ということで実現していこうとしています。


              今回は…

              ボランティアにいそしみだした人が、
              メンタル面でうまくいかなくなり、参加しなくなってしまうという状態を回避する方法について、メンタルケアの専門職の立場から講演をしてくださいませんか

              という依頼を同市NPO協議会にてホスト役を務めている
              一般社団法人CRS」さんにご縁を繋いでいただき、実現いたしました

              うつセミナー 多数の参加者


              特に今回は、起きてしまった出来事に左右されずに活動を続けやすくさせる心理技術の一部を知っていただこうということで、ストレスという概念の扱い方についてを取り上げさせていただきました。

              講師 上野大照

              また、うつという概念も曖昧に扱われていることが多いため、そのことも詳しくお話させていただきました。


              私自身、人が生きる価値を高めていこうというNPO団体共通の意識をもった存在として、今後尚一層気を引き締めて活動に臨んで行こうと思う一日でした。

              光栄な機会にお招きいただきまして、ありがとうございました。


              お知らせですが、当NPOが主催するメンタルケアの専門職育成スクール
              セラピスト・トレーニング・スクール
              は5期が開講しております。

              まだ受け付けておりますので、ご興味がおありの方は、ホームページより詳細をご確認ください。

              http://jtc-npo.jp/tts/

              0
                音


                愛読者の皆様、こんにちは。



                世の中は3連休の最終日。

                この連休はいかがお過ごしになってるのでしょうか。

                私は授業やプライベートな時間が入り混じる、

                過ごし方になってます。

                ある意味、普段と同じとも言えますね(^_^;)



                今は自宅兼オフィスのデスクからこの文章を打って

                います。



                都会なので、窓の外からは、空調の音や、工事の音、

                車の音などが聞こえる反面、風の音や、虫の音、

                鳥の囀りなどはあまり聞こえないようです。

                親子ののどかな会話などは聞こえてきますがね。



                こうやって書いていると私は音の響きをよく聞いて

                生活しているのだなぁと思ったります。



                人はそれぞれ、五感の中でも強調されている感覚が

                違うのだそうです。



                さて、それならそれで、私の場合は何か好きな音楽を

                かけて、都会の中にもわずかに含まれる自然の音に

                耳を傾け、夕方に差し掛かってくる今という時を、

                穏やかに過ごしてみようと思います。



                読者の皆様は、普段からどのような感覚を特に気に

                されてるのでしょうかね。



                今回はそんなことを思いながら、ちょっとダラダラと

                書いてみました。



                連休最後のお時間が、読者の皆様にとって穏やかに

                満たされた時間となりますことを祈ります。

                0
                  [絵画展] ブログ村キーワード


                  明日は私がボランティアで事務局をさせていただいている小学生達の絵画書写児童作品展です。

                  大阪市東住吉区役所の中にある区民ホールにて開催です。

                  はじめはこんな感じだったホールが…

                   
                  児童作品展



                  数時間後にはこんな感じ^ - ^

                   
                  児童作品展


                  明日は特別賞を受賞した子どもたちの表彰式もあるので、晴れやかな親子さんの顔を見れるのも楽しみです。

                  こんな感じで、子どもたちの感性が捉えた絵画と己の心と向き合った書道作品達が1400点も展示してあります。

                   
                  児童作品展


                  10:00〜15:30まで展示してます。

                  お近くの方は、入場料はかかりませんので、どうぞ目と心を愉しませに是非ともお越しください。

                  心洗われますよ^ - ^

                   
                  JUGEMテーマ:感銘を受けたこと

                  0
                    [絵画コンクール] ブログ村キーワード





                    一昨日の日曜日は、大阪市東住吉区内の小学生による絵画と書写の児童作品展に事務局としてボランティアさせていただきました。

                    私は文化系なので(笑)、重いものを持ったりするよりは、口を動かして皆に効率よく動いてもらったりします。
                     


                    区内の殆どの小学校から応募いただいて、1400点もの展示をさせていただきました。

                    来場者も600名以上お越しいただき、感謝申し上げます。
                     


                    小学生の絵というのは、本当に不思議な力があり、見ているだけで何か心洗われるようなところがあります。

                    それを心理的に考えてみると、やはり素直な表現に心打たれるということなのかと思ったりもします。

                    実際、どのような作品が賞を受賞するのかというと、技巧的なことは二の次で、その子が何を書きたかったのかという視点が独特のものを醸し出しているものだったりするわけです。

                    すごいうまいと思う子どもの作品が何の賞にも入っていなかったり、正直「これが?」と思うような作品が特別賞を受賞していたりして、なんだか不思議です。

                    そういう意味で、単にきちんとできる大人を育てるということよりも、「自分が思ったことをとにかく形にしてみる」という趣旨を貫いてくれる審査員の先生に頭が下がります。

                    そして書道はまた別です。

                    点画、払い、線、留め、起筆、終筆など、守るべきルールがあり、逆に守るべきところを守り、最後まで気を抜かずに名前まで丁寧に仕上げた人が受賞します。

                    その中にもオリジナリティは何故か発揮されるのが面白いところですがね。

                    そして笑顔で自分や他の子の作品を眺める親子を見ていると、とても心癒されるわけです。

                    こんな短い時間で見ると何に繋がるでもない活動ですが、地道な地域活動もまた、素晴らしいものだなと思う次第です。
                     
                    JUGEMテーマ:感銘を受けたこと

                    0

                      最近はFacebookで便利な機能があり、個人のタイムラインから「今年のまとめTOP20」というものを見れるようです。
                       
                      上野大照2013まとめ

                       
                      上の写真をクリックしてみてください。

                      私の場合、多くの活動はfacebookで紹介してるので、こういう機能があるとわかりやすくて良いですね。

                      そしてそれはそれとして、今感じている2013年のまとめを書いてみたいと思います。

                      心理セラピスト育成事業を主としたNPO法人・日本セラピーセンターの理事長として3年目を迎えた本年でしたが、6月より個人屋号でオフィス・コミュニケーションズを開業(コミュニケーション教育事業を開始)、9月にはNPO理事長の役務を退任させていただくこととなりました。

                      また、2010年よりお世話になっている職業紹介会社・株式会社ブレイスの執行役員としての責務も果たしつつ、青木社長と共に「人を生かす」というテーマを模索してまいりました。

                      プライベートでは5月に妻・三恵と入籍させていただき、新たな家庭を持つということも許され、7月20日の「阿倍野コミュニケーション教室開設記念パーティ」ではたくさんの方々にお越しいただき、結婚と共にお祝いいただけたこと、本当に光栄に思っております。

                      心理的にも、以前よりもっと人と人の関係性にこそ求めているものがあるという視点を学ぶことができ、大きな思考的飛躍を叶えた年だったようにも思います。これについては、グレゴリー・ベイトソンポール・ワツラウィックの学びが大きな意味を為しました。

                      これが一つの形となり、12月1日には念願だった「メタセラピスト養成コース」を開講させていただき、8名の受講生達と共に、現在第1期が進行中です。

                      これには5月に参加した日本ブリーフセラピー協会での「基本プログラム機銑」、11月名古屋(中部大学)での学会参加も大きな影響を受けています。

                      そしてまたやりたいと思っていてやっと実現したものに、メールマガジンの創刊がありました。これもまた私の伝えたいことを、「もっと継続的に学べる環境が欲しい」、「イベントなどもこれさえ見ておけばわかるというものが欲しい」と要望をいただき実現できたもので、現在では99名の登録者をいただき、まだまだ小さな規模ではありますが、創刊できたことに大変感謝しております。

                      そして私が最近口癖のように言っていることが、私にとって今年を総括できる言葉のように思います。

                      それは…

                      「何をやっているのかではなく、何が起きているのかが大切だ」

                      という言葉です。

                      また言葉の前半を、「何でそうなったのかではなく…」と置き換える場合もあります。

                      いつも私達の周りには、起きていることがあり、起きていないことがあるわけです。

                      あるものがある。ないものはない。心理もまた同じ。

                      認めるべきことを認め、自らの恐れや怠惰から逃げること無く、向き合って生きていくことが本当に大切であると痛感できた、本当に素晴らしき一年でありました。

                      お陰様で最近はたくさんの読者をいただくようになりました。本当にありがとうございます。

                      読者の皆様、本年は誠にお世話になりました。私は12月31日〜1月3日まで休業させていただきます。

                      また来年、何卒よろしくお願い申し上げます。
                       
                      2013年12月30日 メタセラピスト大照


                      大照のメルマガ。日々をよりよく生きる為、新しい気付きを色々と増やしてもらえるのではないかと思います。どうぞご登録ください。

                      メタセラピスト大照 公式メールマガジン


                      ブログランキング。ポチッとクリックで応援してくださると嬉しいです。
                       
                       


                      JUGEMテーマ:感銘を受けたこと

                      0
                        [人生] ブログ村キーワード

                         
                        人間万事塞翁が馬


                        人間万事塞翁が馬」という言葉がありますよね。

                        人生というものは本当に何があるかわかったものではありません。

                        今は不幸だと思ってしまっても、それが転じて幸福へと導かれる話もあり、今うまくいっていると思っても、それが転じて災いへと誘われることもあります。

                        しかしそのどれもがつながっている。

                        誰のもとに生まれるのか、そして誰に影響を与えて死ぬのかということまで考えると、始まりも終わりも明確にはないような気がします。

                        実は数日前、血液検査で人生初の全項目標準値という素晴らしい結果をいただきました。

                        でもこれは昨年、胃痙攣で救急搬送され、皮膚疾患でアルコール、コーヒー、糖質の制限を受けるという連続的な出来事によって自身の健康意識が変わったことと、妻が食事にとても気を遣ってくれた結果なのです。
                        お陰で体重も少し減りました。

                        そしてこれでまた慢心すると何かが変わるでしょうし、身体の不調が教えてくれた価値ある過ごし方を活かして生きようと思います。

                        起きることに意味はあるのかもしれませんし、ないのかもしれません。

                        そのどちらであっても、価値ある意味に捉えることもできれば、何も見出さずに生きることもできるわけです。

                        ロゴセラピーの提唱者、ヴィクトル・フランクルはこんなことを言ってます。

                        「人には常に自由がある。それは選択するという自由だ。」と





                        大照のメルマガ。次回のテーマは「生命とは?」。生命の本質に挑みます。ご登録がまだの方はどうぞ。


                        メタセラピスト大照 公式メールマガジン


                        ブログランキング。ポチッとクリックで応援してくださると嬉しいです。
                         
                         
                         
                        JUGEMテーマ:人生論

                        | 1/1PAGES |