自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

0
     僕のとあるメンター的存在の人がいます

    今日会ってきました

    正直、お金のことから何から何まで詳しく聞かれるので、ちょっとうざいというか、何事も隠せない感じがつらい人です

    あの人には「畏れ」がある

    というのが適切な表現かもしれません

    彼女(女性です)は実は靴屋です

    今日、私の目標実現と靴を売ることは同じだと言われました

    どういうことでしょうか

    靴を売るために彼女がしたこと

    自分を嫌う部分って何だをリスト化し始めたそうです

    だらしない部分、やっていないこと、溜まっていること、人を傷つけたこと、逃げたこと、などなどたくさんあったようです

    そして彼女は言ったそうです

    「許します」…って

    それからその自分に対処し始めたそうです

    片づけてないところを片づけ始めて、溜まっていることをやりだして、解消できる人間関係の解消を始めて…って感じです

    すると…

    靴が売れ出した

    通常の売り上げの3倍以上だそうです

    学びました

    僕もやってみます
    僕の目標実現のために

    何が起こるでしょうね

    そしてそのことが何を意味するのか
    どうして売り上げがあがるのか

    わかる人もわからない人もいるでしょうね〜

    こんな会話って楽しいです

    0
      今日教わった言葉です

      とても印象深かったので、ブログに残します

      「機械なら、平凡な人50人分の仕事ができるかもしれません。しかし、非凡な人1人にはかなわないでしょう」

      非凡であること

      それは何を意味するのでしょうか

      ただ同じ仕事がたくさんできることと、画期的な生産性を上げることは、根本的に違うもの

      これが僕の現在の解釈です

      みなさんはどんな解釈を持ちますか?

      後者のように在らせられること

      これこそコーチングの醍醐味ですよね


      JUGEMテーマ:コーチング



      0
        昨年のゴールデンウィーク。既に受講中だったパワーライフアカデミー(以下PLA)主催の

        「PLA High-Touch Camp 2010」

        に参加した。

        当時は離婚後間もない時期で、若干傷心状態でもあり、特に行かない理由もなく、誘われるまま参加。
        「今後の人生のデザインを描くことになるよ」と誘ってくれた主催者宇野さんの言葉。

        中では基本気楽なジャージ姿で、身体を動かしながらのワークや、今、時流をどう読むかなどの興味深い話の連続。頭をけっこう使ったかと思うと、次には身体を使って、その次には無意識を感じて、協力を仰いで・・・?なぁんてことも

        キャンプ2009無意識ワーク

        全てにおいて、ハイパフォーマンスな状態を手に入れる手法についても行われた。
        その状態について、宇野さんは「フロー」と言っていた。

        キャンプ2009宇野

        生きることそのものの実存的価値についても語られていた。

        2日目の夜はみんなで飲み明かしながらも、話題は未来をどう生きるのか、何を今感じてるのかを真剣に語っていた。

        キャンプ2009の皆

        そんなことを真剣に語っている最中に僕に恋心を抱いてくれる人もいた(^-^;)
        これは特典でした

        終わり際には、特別なワークセッション。今この瞬間、どうやって人を魅了し、自らの世界に引き込んでいくのか、真剣なワーク。

        帰ってみるとある変化が起きていることに気づいた。自分の感覚の変化だった。音がよく聞こえる。何種類も、しかも遠いところからの音も聞こえる。世界がスローモーションになった気がした。今までフィルターによって、除外されていた情報を、感じる能力が手に入ったのだと嬉しかった。

        このときに思い描いた生きるビジョン。今も進行中。未来を生きる多くの命の為に・・・。

        今年も参加します。

        僕が得たものをもう一度確認しに。
        そして去年描いたビジョンをより鮮やかに彩るために。

        ゴールデンウィーク。
        ただ何もないまま過ごす予定の人がいるなら、一緒に行きましょう。
        今、自分はどんな時流の中に生きているのか。
        江戸時代から明治に移る時は激しい変革だった。でも今は公に語られない、水面下で大変革が起きている時期。
        一生を左右するこの機会。

        詳細は以下のリンクから
        PLAハイタッチキャンプ2010

        キャンプ2009集合写真

        まだ数名だけ空きがあるそうです。
        お急ぎを。

        0
          以前も少し紹介しましたが、宇野ひろみの書いている「ガチョウは外だ!〜破天発送UNOマインド〜」という本があります。

          読むのではなく、自ら考え、人生を切り開く思考になっていく本とでも言いましょうか。
          最近、友人がこの本をよく読むようになり、色々ときいてきます。

          読んでどうもスッキリしない様子で、「僕はこう思うんだけど、ああ思うんだけど・・・」と言った感じで、質問が矢継ぎ早です。
          僕も答えはありません。
          理解する本ではないんですよね。

          なのに、人生が変わっていく。

          僕もこの膨大な情報量の時代で、どうやって情報を裁いていくのか。
          大きなヒントを得ました。

          せっかく持っている能力が、時代の情報量で無いものになってしまっていることがあるとしたら・・・。

          恐ろしくないですか?

          僕はこの本に載っている、ある内容を知ってから、家にある重要な電化製品を人に譲ってしまいました。
          とたんに、自分の人生が返ってきた気がします。

          お陰で、自分の中に、今見えているものに対して、
          「これは本当にそうなのか?」
          という視点が育ちました。

          これがないと、コーチングはできないんですよね。

          最近は宇野が忙しくなってしまい、宇野による無料コーチングをセットにしている関係上、月間30冊しか販売していないようです。
          なんたって、宇野のコーチングは1回84,000円ですからね(^^;)

          たった1冊の本が、生きる世界を変えるとしたら・・・。
          価値は無限ですよね。

          0
            最近、ミルトン・H・エリクソンという、アメリカの魔法使いと言われた、奇跡的トラウマ開放率を示した人について勉強しています。

            今日はエリクソンが行った「抵抗のアンカーリング」を学びました。

            「アンカーリング」については、またいつか書きます。

            あるクライアントが自分の人生の中で、ある6年間の記憶について話したくないことに気づいたエリクソンは、
            「その期間について話したくないのですね。わかりました。その6年間の中で特に話したくない部分を除いて話してください。」
            クライアントはそれ以外を話し、結局、核心部分も話しても良いと思えてきて、すべてを話した。

            これは一例。

            学ぶことはとても多い。

            一冊の本なのに、全然進みません

            あ、アンカーリングについては、PCSでも扱ってます。
            宇野ひろみは一体どこまで学んだ人なんだろう。

            無料コーチングも受付中!
            私のあなたの日常でのハイパフォーマンス状態つくりますよ
            salon.de.bia@gmail.com
            まで、ご連絡お待ちしております。

            JUGEMテーマ:カウンセリング
             

            0
              JUGEMテーマ:オススメの本

               カウンセリング、コーチング、心理学、催眠のどれも全然学んだことのない人には、ちょっと味気ないかもしれませんが、
              自身は小児麻痺により半身不随でありながら、生涯、とても多くの人を救ったアメリカ催眠業界における神的存在
              「ミルトン・H・エリクソン」

              彼のセッションにおいて行われていたことが、解説されている本です。

              弟子だったオハンロンさんは、よくぞここまでまとめたと思います。

              入門書っていうにはちょっとどうかなとは思いましたけどね(^^;)
              でもお勧めです。


              評価:
              ウィリアム・ハドソン オハンロン
              金剛出版
              ¥ 3,990
              (1995-05)


              0
                PCS練習会に行ってきました。

                画像はなんかはじけてるので、リンクにしときます(^^;)
                でも楽しいってのは伝わりますね♪

                なんか体力使いきって入ったので、最初から変なテンションのまま、ニューコードNLP的にEMんRをやって頭真っ白状態をつくり、脳に自分が欲しい情報をプログラミング。
                なんかあやしい表現だったかな

                次に少し前に記事に書いたチャンクレベルのワーク。
                一つの事柄から、上がったり下がったり。
                自分の語彙の少なさが目立ちます(^^;)

                最後にカリブレーションゲーム。
                人の内面がポジティブ状態か、ネガティブ状態か。
                その人の身体的情報から割り出します。
                今回は無意識的な反応が出やすい瞼、呼吸、唇、色などで見ていけば、精度が上げていけると再認識。

                今日もたくさん学びました♪


                JUGEMテーマ:NLP

                CAN

                0
                  もう何年も前の動画だそうですが、僕はいつになっても感動を忘れません。

                  アップル創始者スティーブ・ジョブズ氏の伝説のスピーチにも登場しましたね。
                  そう、私たちはできる。

                  諦めないで


                  (生後間もなく脳死状態と診断された子どもを、「この子は笑ってる」と認めなかった父と子の生涯。彼は言った、わずかな筋肉で・・・「CAN」)

                   JUGEMテーマ:自己実現

                  0
                     この動画、感動しました。



                    本も出てるんですね。
                    テレビなんかの情報源があまりない私は遅れてるんでしょうか。

                    どちらにしても・・・
                    彼女はふと思わされた、何かの縁によって。
                    もうちょっと頑張ってみようと。

                    彼女の自らの未来への奮起。
                    そこに起き始めた奇跡。

                    何かを始めたなら、そこで何かを掴むまで、やり続けること。

                    それは結局、その後の全てに通ずることなんでしょうね。

                    0
                      今日は私が所属するNPO日本セラピーセンター
                      http://jtc-npo.jp/

                      にて、今後、当センター認定セラピストの必須ツールになると言われるEFTの資格講座
                      「EFTプラクティショナー講座」(第1日目)
                      を受けてきました。

                      EFTとは

                      Emotional = 感情
                      Freedom  = 解放
                      Techniques = 技法

                      ということで、先日記事に書いた、「学習と記憶」の話の通り、ネガティブな過去記憶もやっぱり感情と共にあるという意味で、その感情を開放していくものです。

                      感情が記憶から解放されると、その記憶はそのままではなくなるんですね〜

                      いやぁ驚きです。
                      こんな手法があったとは。

                      この動画は紹介するのに素晴らしいものだと思います。


                      なんと言っても簡単で、誰でもできる。

                      人生の大きな障害になっていた苦痛が5分でとれる人が続出、なぁんてことが現実に起きてます。

                      いやぁビックリしました。
                      僕が気功で改善しにくかった耳鳴りなども顕著に効果をあらわしていたり、五十肩の人もすぐに肩がぐるぐるまわせるようになったり・・・

                      私も今日、実際に頭の重さが即座に変化し、体感できました。

                      今自分が苦手意識のあるもの、悪習慣、セルフイメージ、アレルギーなどの諸症状や願望実現に至るまで、なんでも来いなんです。

                      今日理事長とやった実際のセッションでも効果テキメンでした。

                      さて二日目は20日。
                      楽しみです。

                      詳しくはこちらへ

                      JUGEMテーマ:依存症・精神障害 

                      | 1/2PAGES | >>