自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

0
    こんばんは
    NLPプロコーチのTaishoです

    昨日は芦屋でBBQに参加してきました

    楽しかったBBQの様子についてはこちらへ(^-^)↓

    で、その最中、カウンセリングについて詳しく聞いてきてくださった方が
    いらっしゃったので、その内容をちょっとご披露します。

    Q「Taishoさんはどうやってうつを治すんですか?」

    A「僕にうつは治せません。ただ一緒に病むだけです。」

    Q「一緒に病むんですか(笑)」

    A「ええ。クライアントはもうそれに飽きて勝手に動きだします」

    Q「本当ですか?」

    A「嘘です。」

    Q「嘘なんですか(笑)?」

    A「半分嘘で半分本当です。実際には、うつを使った
     遊び方やうつを武器にする方法、うつを趣味にする方法
     を一緒に見つけ出したりします。
     そのためには、一緒に病む必要があるんですよね」


    まあこんな内容でした。

    もちろんこれは一例なので、皆こんなように向き合うとは
    思わないでいただきたいんですが、

    どちらにしても、
    うつうつ的な状態の人が「悪い」と誰が決めたんでしょうか。

    ある意味、自分もその状態も否定せず、堂々と生きていける道を
    共に探るというスタンスです。

    あ、もちろん資本主義社会なので、経済性は持てるように
    注意しますけど(^^;)

    結果として、クライアント本人が

    「楽しく、生きたい人生を生きたいように☆☆☆」

    という感じですね。

    それも結局は、宇野ひろみの受け売りですが・・・

    自分がうつの人よりすぐれてるなんて思ってたら
    そもそもセラピーはできません

    今も無料コーチング時々受付中
    ご希望の方は直接メールで
    taisho@pla-samurai.jp

    0
      [うつ] ブログ村キーワード 

      本日は日本セラピーセンターのセラピストとして、
      福祉セラピーをさせていただきました。

      今日のクライアントは呼吸が細かく、足の動きが早く、
      いかにも楽ではない状態が最初から見受けられました。

      しかし、普段彼が言われることは、

      「一体なんの病気なんだ?本当に調子悪いのか?」

      などなどの言葉。

      こういう話を聞くと、胸が痛みます。

      心療内科にかかっておられますが、睡眠と身体諸症状、
      精神安定に対する薬の処方のみ

      カウンセリングに関しては、あまり重視されていない
      ようでした。

      彼は仕事のできる人で、馬車馬のように働いてきたようです。

      しかし、ストレスから休職。
      復帰しましたが、周囲の視線がつらい。

      こんな状態が会社にとってプラスなわけはありませんよね。

      日本セラピーセンターの法人メンタルケアサービス。
      こういう人が増える前に、お使いいただきたいものです。

      「うちの会社では、みんなが生き生きしてるよ」

      って胸張って言える会社を増やしたいですよね。


      小さな会社のメンタルケアサービスはこちらへ
      http://jtc-npo.jp/mentalcare/index.html

      福祉セラピーはこちらへ
      http://jtc-npo.jp/index.html



      0
        おはようございます
        うつ解放・目標実現プロコーチのTaishoです

        今日は朝からブログ書いてます

        昨日、うつのご家族の方が大変なやんでいると相談を
        いただきました
        そういう方がきっとたくさんいると思いますので、
        参考になればと思い、少し書きます

        よくある光景として、うつ症状を持つ本人よりも
        ご家族の方が、治してあげたいと一生懸命で、
        様々な治療法を受けるように勧めたりします

        このときが肝心なのですが、本人は、
        その家族の焦りを敏感に感じ取ってたりします
        すると、

        ご家族の思いは

        今のうつ状態」をなんとかしてあげたい

        に対し、

        本人に起こりがちなのが、

        「私そのもの」が否定された気分になり、

        私は私のままではいけないの?

        という、

        「余計に自分を認められない」

        という悪循環が生まれる場合があるみたいです

        その防止策として、先ずは

        あなたはそのままでいい
        どんな状態であろうと、私はあなたの味方だ

        という態度で居てあげましょう

        どうにかして早期に治してあげたいと思って、
        焦ったりしますが、

        先ずはそこが入口のようです

        同じ目線で、

        貴方の存在そのものを愛している

        と伝えること、

        そして

        ただ寄り添う

        こと。

        これは関わり方の前提であり、一例です。
        ご参考までに



        Taishoへのメールはページ右側のメールフォームから
        どうぞ


        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        うつ”でお悩みの方、ご本人による当事者会 
        「第2回 わ・わ・わの会 〜輪・和・話〜」 

        9月29日(水・祝)13:00〜15:00 
        場所:「日本セラピーセンター」大阪市福島区 
        参加費:1000円(茶菓子付)
        最寄駅:阪神「野田」JR「海老江」、地下鉄「野田阪神」
            より徒歩2分 

        ※今回は、当事者だけによる会です
         家族、関係者による会は別に開催させていただきます

        詳細はこちら↓ 

        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        0
          [うつ病] ブログ村キーワード

          おはようございます
          うつ解放・目標実現プロコーチのTaishoです

          私の考え方として、
          (これは師に教えてもらったことでも
          あるのですが)
          うつの状態を無意味な異常状態とは
          思っていません

          その状態を生んでくる何らかのストレスが
          背景にあり、

          それを、

          回避したり、
          防衛したり、

          更には、
          違う次元へ上昇させる

          無意識的反応
          であると見ています。

          だから、症状そのものを相手にし、神経系統
          に影響を及ぼす薬を処方する医学的治療とは、
          かなり違う立場になります

          正常な無意識的反応なのだから、それを利用する

          という考え方です。

          うつ状態そのものを、無駄や無意味として治療対象
          にするわけではないんですね

          価値ある大切な何かである

          という捉え方です

          本人が、

          リソース(資源)として扱っていただける

          ようにするので、そこに悩むことも極端に減ることになります。

          今日はこの辺にしときます。


          Taishoへのメールはページ右側のメールフォームから
          どうぞ


          ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

          うつ”でお悩みの方、ご本人による当事者会 
          「第2回 わ・わ・わの会 〜輪・和・話〜」 

          9月29日(水・祝)13:00〜15:00 
          場所:「日本セラピーセンター」大阪市福島区 
          参加費:1000円(茶菓子付)
          最寄駅:阪神「野田」JR「海老江」、地下鉄「野田阪神」
              より徒歩2分 

          ※今回は、当事者だけによる会です
           家族、関係者による会は別に開催させていただきます

          詳細はこちら↓ 

          ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

          0
            [うつ] ブログ村キーワード


            こんばんは
            うつ解放・目標実現プロコーチのTaishoです

            今晩は「うつ解放」という言葉について書きます

            通常だと「うつ克服」と書きたいところなんですが、
            私はあえて「解放」としてます

            それは、うつである部分は、

            その人の大切な要素

            であると思っているからです

            だからそれをダメなもの、無駄なものというようには
            決して扱いたくないのです

            大切な要素だからこそ・・・
            それを、

            効果的に解放できる状態づくり

            「克服」ではなく「解放」

            なんとなく意味わかりますかね

            また詳しく書きたいと思います

            今日はこの辺で

            皆さまにとって素敵な眠りとなりますように




            Taishoへのメールはページ右側のメールフォームから
            どうぞ


            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

            うつ”でお悩みの方、ご本人による当事者会 
            「第2回 わ・わ・わの会 〜輪・和・話〜」 

            9月29日(水・祝)13:00〜15:00 
            場所:「日本セラピーセンター」大阪市福島区 
            参加費:1000円(茶菓子付)
            最寄駅:阪神「野田」JR「海老江」、地下鉄「野田阪神」
                より徒歩2分 

            ※今回は、当事者だけによる会です
             家族、関係者による会は別に開催させていただきます

            詳細はこちら↓ 

            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

            0
              [うつ] ブログ村キーワード


              こんばんは
              うつ解放・目標実現プロコーチのTaishoです

              今日は人材派遣業の社長様とお会いしてきました

              開口一番、社長様が言われたのは、

              「私、息子がうつなんです。社員もうつなんです。
              人材紹介でなんとかしてあげたい人でうつの人も
              たくさんいます」

              と言うのです。

              今やうつは社会現象的であるのだと、改めて感じました。

              うつの人はやっかいものではありません
              極端な解釈かもしれませんが、

              今までがむしゃらにがんばって時代を築いてきた日本から、
              次の次元上昇に導いてくれるのは、うつの人達だと思うんです。

              優しさもこだわりも、自分への責めも・・・
              とても強い人達

              だからこそ、共に時代を築きたい。

              社会問題から社会資源

              感謝の対象

              と思うのです。


              Taishoへのメールはページ右側のメールフォームから
              どうぞ(PCのみ)

              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

              うつ”でお悩みの方、ご本人による当事者会 
              「第2回 わ・わ・わの会 〜輪・和・話〜」 

              10月27日(水)13:00〜15:30 
              場所:「日本セラピーセンター」大阪市福島区 
              参加費:1000円(茶菓子付)
              最寄駅:阪神「野田」JR「海老江」、地下鉄「野田阪神」
                  より徒歩2分 

              ※今回は、当事者だけによる会です
               家族、関係者による会は別に開催させていただきます

              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

              0
                [うつ病] ブログ村キーワード


                こんばんは
                うつ解放・目標実現プロコーチのTaishoです

                今日はある人と話しておりまして、当たり前のこと
                かもしれませんが、思うところがあったので書きます。

                うつの人って、どうしてうつになるんですかね」

                とか、

                「僕はうつの人を何人か見てきてるけど・・・」

                とか、

                「僕はああいう人たちにはならない」

                とか、

                言っておられたんですが・・・

                僕が答えたのは、

                うつ」という人はいません
                それは誰で、どんな人なんですか?
                何が好きで、どんなふうに生きてきた人なんですか?
                何がその人の心の支えだったんですか?

                などのことを聞き返しました

                病名とか、症状じゃなくて、その人そのものを
                もっとちゃんと見てみません?

                うつって最早何百万人もいるんです。
                その人達を僕が知ってるとでも?

                うつになる経緯なんて、その人それぞれです。

                と言いたくなってしまいました。

                ちょっとお酒入ってるので、乱暴な文章でしたかね。

                僕が影響を受けた映画「パッチ・アダムス」で、
                パッチが言っていた、

                「先生、その患者は何という名前で、何が好きなんですか?」

                と教授に訊ねていたシーンを思い出します。


                Taishoへのメールはページ右側のメールフォームから
                どうぞ(PCのみ)

                ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                うつ”でお悩みの方、ご本人による当事者会 
                「第2回 わ・わ・わの会 〜輪・和・話〜」 

                10月27日(水)13:00〜15:30 
                場所:「日本セラピーセンター」大阪市福島区 
                参加費:1000円(茶菓子付)
                最寄駅:阪神「野田」JR「海老江」、地下鉄「野田阪神」
                    より徒歩2分 

                詳細、お申込み、お問合わせはこちら

                ※今回は、当事者だけによる会です
                 家族、関係者による会は別に開催させていただきます

                ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                0
                  こんばんは
                  うつ解放&目標実現プロコーチのTaishoです

                  今日のセラピーで、クライアント様が言い
                  ました。

                  「私、ダメなんです・・・」

                  どのようにダメなのか、過去の記憶から教
                  えてもらいましたが、

                  「それって今もそうだと、どうやって証明
                   するんですか?」

                  と私は言いました。

                  たしかに貴方がやったことかもしれません
                  が、そういう人であるという証拠は何もな
                  いんです。
                  そう、という時の中にはです。

                  やってしまった過ちがその人自身だと言う
                  なら・・・

                  みんな誰しもどうしようもない人でしょう。

                  尊敬する誰かだって、捉えようによっては、
                  過ちの連続です。

                  もしかしたら、自分がどのようにダメなの
                  かを証明するかのように生きていませんか?

                  だとしたら、好きな自分を愛して、好きな
                  人生を生きてみても、誰も怒りはしないの
                  かもしれません。


                  そしてAZAMIコンサート近づいてきました
                  よ(^-^)☆

                  是非来てくださいね。
                  チケットは前売りなら、下記HPから割引で
                  入手可能です。

                  Taishoへのコーチング、セラピー依頼、問合せなどは
                  ページ右側のメールフォームからどうぞ(PCのみ)

                  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                  「癒しの声 屋久島のアーティストAZAMIコンサート」
                  オアシスの森 AZAMIチャリティコンサート with 素敵な仲間たち

                  11月23日(火・祝)11〜21時

                  ビックリマークAZAMIさんのコンサートビックリマーク
                  昼の部⇒午後14時30分〜16時00分
                  夜の部⇒午後18時30分〜20時00分

                  ビックリマーク「NATURAL Self」地球の雫 クリスタルボウル演奏ビックリマーク
                  午後14時00分〜14時30分、18時00分〜18時30分

                  日本セラピーセンターもブース出展しております
                  11時〜21時まで、EFT体験を受け付けておりますので、
                  コンサートと併せて、どうぞおこしください

                  特別割引券あります。詳細はこちら↓
                  http://www.jtc-npo.jp/azami/

                  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                  0
                    最近、少しずつブログが広がり始め、電話やメールでの
                    相談が増えております。

                    ありがとうございます☆ご縁の広がりに感謝でいっぱいです。

                    そして、うつと診断された人の「家族」からの相談が多いので、
                    まとめてではありますが、提案してみたいと思います。

                    今回はちょっと長くなりますので、「自分にこの話は関係ある」
                    という方だけ、最後までお付き合いください。

                    その中でも今回は、うつ状態により、余計に信念が強く
                    働いてしまうというケースを例に出します。

                    そのまま言ってしまえば、ペーシングリーディングです。

                    その手法を解説します。

                    うつでもいろんなケースがありますが、人によっては、
                    まわりからみると、それほど重要でもないことを、必死に
                    がんばろうとしているところがあったりします。

                    例えば、ずいぶん先の法要のために、
                    「今掃除しておかないといけない。近くなったら、きっと
                    できないから、今やっておかないといけない」
                    なんて言っている場合もあります。

                    ありがちなのが、
                    「そんなこと今しなくてもいいよ。」
                    と家族が否定してしまいます。

                    これだと本人の不安が解消されませんから、さらに違うこと
                    を通して同じようなことをしてしまいかねません。

                    なので、先ずはその意図を明確にします。だとすると、
                    「早めに掃除をしておきたい」
                    という美しい意図を受け入れてみてはどうでしょうか

                    これが「ペーシング(ペースを相手に合わす)」です

                    何故かというと、それはとても健全な考えだからです。
                    何も悪いことはありません。
                    少しだけ無意味で、少しだけ効果的でないだけです。

                    家族は、
                    「それは素晴らしいね。3ヶ月後の法要のための掃除を、
                    今からやろうなんて、ホント素晴らしいことだ」
                    と言い、共に、その世界から解決を図ります

                    もちろん、その世界にずっと付き合うわけではありません

                    共に、その掃除をやっていきながら、
                    「一緒にやってみて思ったんだけど、今掃除したら、
                    また汚れてしまうよね。もう少し時期が近づいてから掃除
                    した方が、効果的だと思うんだ」
                    と、その意図を満たすためにもっと効果的な方法があると
                    提案します

                    これが「リーディング(相手をリードする)」です

                    実際には、この通りにやって欲しいわけではなく、相手の
                    世界に入り、その中から意図を満たすもっと良い方法を提案
                    するというペーシングからリーディングへのプロセスを
                    試してみてほしいということです

                    この方法だと、馬鹿にされたり、あなたは間違っているという
                    評価をせずに済みますから、人格を否定しないことになります。
                    その意図を満たすためということですから、むしろ、とても
                    肯定していることになります。

                    この基本さえ間違わなければ、様々なことに対応可能な
                    解決モデルとなり得るでしょう。

                    また自分の家の場合、どうなんだと悩まれた方は、再度、
                    ご相談ください。


                    PCの方は、右側のメールフォームからどうぞ。


                    JUGEMテーマ:依存症・精神障害

                    0
                      最近担当したうつと診断されたクライアント様が言いました。

                      「お酒は好きじゃないんですが、お酒がないと泣けないんです」



                      悲しい酒ってやつですね。

                      人は悲しくてもそれに浸りきったら、泣き切ったら、
                      次にいけると知っているものです。

                      「泣けたら楽なのに…」

                      なんて言葉はよく聞きます。

                      それは脳科学的に言えば、強い感情を伴った記憶は通常の
                      意識では管理しにくい領域に保管されてしまうため、される
                      べき記憶処理がなされていないんです。

                      ネガティブな記憶もポジティブな記憶も、ちゃんと処理して
                      それをリソース(資源)として、人生の次なるステップにする。

                      必要な涙はちゃんと流れるように致します。

                      それが日本セラピーセンターが行う数々のブリーフセラピーです。

                      http://jtc-npo.jp/

                      JUGEMテーマ:うつ
                       

                      | 1/2PAGES | >>