自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

0
    こんばんは
    うつ解放・目標実現プロコーチのTaishoです

    今日は毎度喫茶店でのコーチング勉強会「OND会」
    でした

    今日も様々な話が飛び交いましたが、
    一つ取り上げますと、物事の捉え方について

    「要は・・・」

    という捉え方が話のテーマになってました。

    少し前の「ラポール」についての記事でも
    書きましたが、

    人とのコミュニケーションの主体は
    ノンバーバル(非言語)です。

    今出た発言そのものではなく、
    隠された発言にこそ、真意があったりします。

    「その発言は出るということは・・・と思っている」

    とか

    「その前提として・・・ということになる」

    という感じで、

    会話の一歩奥を読みとるために、

    会話を振り返り、その時の身振り手振りや
    表情、声色、呼吸などを思い出し、
    話の前提なども考慮し、

    「要はこういうことが言いたかったのか」

    というように捉えてみると、
    一つ一つの発言に一喜一憂せず、
    円滑なコミュニケーションができたりします。

    お試しあれ


    Taishoへのメールはページ右側のメールフォームから
    どうぞ


    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    うつ”でお悩みの方、ご本人による当事者会 
    「第2回 わ・わ・わの会 〜輪・和・話〜」 

    9月29日(水・祝)13:00〜15:00 
    場所:「日本セラピーセンター」大阪市福島区 
    参加費:1000円(茶菓子付)
    最寄駅:阪神「野田」JR「海老江」、地下鉄「野田阪神」
        より徒歩2分 

    ※今回は、当事者だけによる会です
     家族、関係者による会は別に開催させていただきます

    詳細はこちら↓ 

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    JUGEMテーマ:NLP 

    0
       お金に真剣に困ったときの母親の言葉は今でも鮮明に覚えてます。

      できる人


      私「家賃さえ払えなくなった。なんとか一ヶ月凌ぎたいからお金貸して欲しい」


      母「あるけど、貸さない。貴方はそれを乗り越えられると知ってるから…」


      私「...」


      母「貴方はできる人。だからそれを乗り越えられたら連絡して来なさい。
        その時はお祝い金を贈るわ。」


      私「...」


      私「...」


      私「...」


      私「うん、わかった。頑張ってみる。」



      すごく苦しかったのですが、この言葉は塞ぎこんでた僕を救いました。


      こんなにも僕のことを信じて疑わない存在が居たことを、

      心から感謝しています。

      事実、その厳しい時を乗り越えた後、本当にお祝い金を贈ってくれました。

      尊敬できる母に育てられたこと、感謝にたえません。



      写真はなんとなく「できる人」って感じの画像です(笑)

      0
        (千本槍)


        2012年が暮れようとしてますね。


        私は今、今年一年をなんとなく振り返って思考しているところです。


        一年の締めくくりに今自分は何を思っているんだろうか…


        やっぱり思うのは、


        せっかくの人生、欲しいものを手に入れよう


        ということですね。



        願ったところで…



        努力したところで…



        結局は思うとおりにはうまくいかないことが多いものです。



        でも…



        願わずして…



        何もせずして…



        ここまで手に入れた何かを手に入れられただろうか…



        きっとこれからも自分が願うそのままには叶わないんだろう…



        でも…



        その方向にある何か一部でも…



        向かい続けるなら…



        きっと手に入るだろう…



        今までもそうだった。



        そしてこれからもそう…。



        千本槍の花言葉は、

        ・希望

        ・辛抱強さ

        ・神秘

        ・悲しみ

        だそうです。



        この相反する言葉たちを花言葉に持つって不思議な花ですね。



        高さ10僂砲睨たない千本槍の花のように、


        目立たずとも、できる最高までは成ってやる


        そんなことを思う、年の暮れです。


        今年一年、本当にありがとうございました。


        これから迎える2013年が読者様皆様にとりまして、


        素晴らしき年となりますよう、


        心よりお祈り申し上げます。



        2012年大晦日 大照



         JUGEMテーマ:自己実現

        0
          人生とは川のように変化し続けるもの



          古典にこのような言葉があります。



          「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」



          方丈記の中に書かれた言葉ですね。



          私は私が関わる多くの人に対し、望む方向への、

          変化の触媒として生きていきたいと願っています。



          その中で一つ、変化を望む人に対して、社会の実際

          との不一致を感じることがあります。



          それは今日も明日も明後日も、その先に続く未来も、

          同じ人生が続いてしまうという思い込みです。



          量子物理学で言うところの素粒子の世界でも、

          脳科学で言うところのシナプスの結合パターンも、

          川の流れも、空気の状態も、世界のあらゆる場所に

          起きていることは、極く小さなところから眺めると

          必ず変化を生じており、変化させずに同じものを

          留めるということは、不可能な科学です。



          「不変の科学」があるなら、私自身が信じたい唯一

          不変の科学は、


          「世界は日々必ず変化している」


          という法則のことです。



          そして現状からの変化を望んでいる場合、当然、

          望んでいるのですから、


          「望む変化のために何ができるのか」


          という話がしたい…となるはずですが、何故か、


          「今後の世界は変わるはずがない」


          という思い込みの対処から会話が始まることが

          多いのです。



          悲しいことに、


          「変化を望むのに、変化しないはずだと思い込んでいる」


          というこの性質は、悩み苦しんでいるときの、

          よくある特徴のようです。



          そして、現状に悩む方にお伝えしたい私からの

          アドバイスは、


          「変化を避けることはできない。だからこそ、

          どのような変化をさせていくのかという舵を

          自分で切らない限り、人生は徒労で終わってしまう」


          というものです。



          自分側で今までと違うアクションを起こそうとせず、

          変化が自然に訪れることを望んでいるとき、それは

          何が起こるかわからない変化の渦に身を任せて

          しまっているということでしょう。



          望む変化は可能です。



          運命の波に翻弄されるより、


          一つでも…


          ほんの少しでも…



          今までとは違うアクションを起こしてみようと

          試みましょう。



          それが、そもそも変化し続けているこの社会の、

          実際に合っていて、逆に無理のない生き方なんだと

          私は思います。



          そしてそうは言っても、変化させることができない

          から、困ってるということはあると思いますので、

          そのための記事を次に書きたいと思います。



          JUGEMテーマ:メンタルケア

          0
            [理想と現実] ブログ村キーワード


             
            ユートピア
            (出典 wikipedia


            この写真をご存知でしょうか。

            これは中世イギリスの思想家トマス・モアという方の

            著書「ユートピア」の中に挿絵として描かれていた

            夢の国「ユートピア(理想郷)」です。



            当時彼は、自分に好影響を与える健全な理想と、

            現実的でない理想を持つことによる弊害とを分けて、

            二つの理想の価値について考えていたようです。



            ユーとは、「良い」とか、「無い」とかの意味で、

            「トピア」は場所を意味する「topos」の変形という

            ことで、「とても素晴らしいが実際には無いところ」

            という造語として表現されたのが語源のようです。



            理想は、その持ち方や掲げ方によって、自分に与える

            影響や生き様、今を生きるモチベーションが劇的な

            変化を表します。



            それを私が尊敬するコミュニケーション論者で

            あるオーストリア人、故ポール・ワツラウィック氏が

            私の中では伝説的な著書「変化の原理」の中で、

            「ユートピア・シンドローム」という言葉で説明

            しています。



            彼はアメリカの精神研究所(MRI)初期メンバーの

            一人であり、「人間コミュニケーションの語用論」

            という私が最大にお勧めするコミュニケーション論著

            を書かれた方でもあります。



            もちろん、詳細を自ら学びたい方は、そちらをご覧に

            なっていただけば良いと思うのですが、どうしても

            英語を翻訳し、文体もアカデミックに書かれている

            ため、その手の本を読み慣れていない方には少し

            とっつきにくいかもしれません。



            その意味で、今回私の学びの復習という意味もあり、

            この「ユートピア・シンドローム」について、詳しく

            全5回のメルマガでシリーズ提供させていただいて

            おります。



            既に昨夜第1回を配信しておりますが、バックナンバー

            を登録者は見れますので、どうぞご登録ください。



            私自身、書いていてとても面白いこの話題、一人でも

            多くの方と共有できたらと思っております。

             
            メタセラピスト大照 公式メルマガ



            次回メルマガ配信は月曜日(10月21日)ですね。

            お楽しみに。


             
            JUGEMテーマ:人生論

            0
              [心の持ち方] ブログ村キーワード


              楽しいから成功できる

              読者の皆様、こんにちは

              今日は楽しく仕事をするコツをお伝えします

              答えは単純です

              先に楽しむことを決めて仕事をすることです

              「この仕事は◯◯だから楽しい!」

              という言葉は後付けでOKです

              実際私は毎日こうやって朝から仕事をしています

              どうして楽しいのかは後から考えましょう

              楽しくない状況を無理矢理楽しむのではありませんよ

              「◯◯だから楽しい!」と、後付けですが、ちゃんと楽しい理由まで拵えてしまうのです

              お金になるから楽しい。

              達成できるから、自分を褒められて楽しい。

              楽しさの意味なんてのは、創ってしまえば何でも有りです

              でも楽しくないものは、基本的に続きませんし、結果も悪いものです

              ですから、理由は後付けにしておいて、楽しむことを決めてやるべきことに取り組んじゃいましょう☆


              大照のメールマガジン好評です

              メタセラピスト大照 公式メルマガ

               
              JUGEMテーマ:人生論

              0
                [義務感] ブログ村キーワード


                人生にはやりたいことと、やらねばならないことの二つがありますよね。




                 
                今思う私の中での二つの定義はこうです



                やりたいこと = 自分で主体的に選んでいること

                やらねばならないこと = 必要にせまられていること(環境に合わせていること)



                だとすると、どちらが重要なのでしょうか。

                物事は主体的であるべきだという話もあります。

                しかし、実際はどうでしょうか。仮に急ぎの仕事をしていたとしても、そのとき家が火事になったら火を消すか、逃げるしか選択肢はありません。

                これはやらねばならないことの質が変わっただけですが、結果として選んでいることがわかります。

                私が思うのは、どちらが大事なのかということではなく、結局のところ、既に主体的に選んでいるということを知り、自分は自分の責任でもって何を選んでいくのかということだと思います。

                選択はいつも自分でしているということ。

                それを忘れないことなのでしょうね。

                写真は「究極のやらねばならない番組」だと思っている番組の風景です(笑

                普通に考えればやらなくても良いことなんですが、やらなければならない番組の中では、やらねばならないわけですね(笑)

                時には「水曜どうでしょう」のようにやらなくても良いことをゲームの如く楽しみ、そんなゲーム本当はやりたくないんだと思えば、やめて別のことを選択していきましょう。

                どちらにしてもやっているのは自分なのだということですね。



                大照のメルマガ。日々をよりよく生きる為、新しい気付きを色々と増やしてもらえるのではないかと思います。どうぞご登録ください。

                メタセラピスト大照 公式メールマガジン


                ブログランキング。ポチッとクリックで応援してくださると嬉しいです。
                 
                 
                 
                 
                JUGEMテーマ:悩み解消法

                | 1/1PAGES |