自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

0
    ヒントアイデア


    何かに行き詰っているとき、問題解決を請け負う

    短期療法家が使う考え方を書かせていただくと、

    ヒントになることもあるかと思い、時折書かせて

    いただきます。



    まずその一つですが、人は何かに成功するとき、

    必ずと言って良いほど、誰かとの関係に成功しています。



    貴方が抱えている問題を、貴方だけが抱えないと

    いけないということは、おそらくありません。



    支援者とは、少し枠を広げて考えれば、居ることが

    多いものです。



    それが誰であるかは人それぞれです。



    場合によっては思いもつかないような関係の人

    だったりもします。



    ですから先ずはその準備として、自分は誰とどのように

    関係しているんだろうか…



    と考え、マインドマップのように、人間関係の相関図を

    書き出してみましょう



    人間関係相関図



    こんな感じで簡単に、少し広めの相関図にするだけで

    良いでしょう



    その関係を見つめているうちに、今まで試みていない

    何かのアイデアに出逢えたら、それは問題を打開する

    ヒントになるかもしれません。



    何かピカーンと閃いたらいいですね



    JUGEMテーマ:人生論

    0
       私たち人間は問題に直面したときに、その問題を解決

      しなければならないという観念に囚われることがよく

      あります



      これは人間であれば、全世界的に共通した本能的な

      要素のようです



      そして逆に、問題解決を専門とする短期療法家は、

      それとは通常の解決方法とは矛盾したアイデアを

      考えを持つときがあります



      北欧で実際に行われた社会実験があります。



      それはポルノ雑誌の完全解禁です。



      出た答えは意外にも、国民のポルノへの興味を失わせる

      という、社会的結果を生みました。



      おそらく、議会でのやりとりは白熱したでしょうね

      (国民性が違うのでなんとも言えませんが…)



      そしてこれに付随して思わずう〜んと唸ってしまった

      Yahoo!知恵袋の解答例があまりに素晴らしかった

      ので、URLを転載しておきます(笑)




      最近の私の記事があまりに真面目で面白くない感じが

      したので変な間で、変な話をはさみましたが(笑)



      どちらにしても、重要なのは…



      解決は別の問題を生むという循環を生んでしまう

      可能性があり、既にそこにはまっていると気づけた

      ときは、明らかに違う方法を探す必要があります。



      私が思う明らかに違う方法のヒントは、その循環の

      中に含まれない、

      ・例外

      ・矛盾(逆説)

      ・無駄

      ・直感



      などですかね



      たまにはこんな顔で悪巧みしてみる…というのも

      良いのかもしれません(笑)

      猫の悪巧み顔



      JUGEMテーマ:ブリーフセラピー


      0
         

        いつもご愛読ありがとうございます



        これで「行き詰ったときのヒント」シリーズも3回目
        ですね



        今回は抽象度という表現について説明します



        このことは、絶対絶命のときにも有効ですし、

        細かく言えば、


        ・ダイエットしたいのにできない

        ・やめたいことがやめられない

        ・営業成績を上げたいが、どうもうまくいかない

        ・家庭問題を長く抱えている

        ・学校合格のための勉強効率を良くしたい


        などなど…


        とても多くの問題に対応可能なアイデアです。



        抱えてる問題の多くは、抽象度を上げるか下げるか

        することで解決することが多いんです



        抽象度とは、抽象的という表現があるように、

        曖昧さのレベルのことです



        別の表現をすると、抽象的とは具体的の反対です



        この話題は何に含まれるのかを見るというような

        考え方でもあります

        パソコンで言えばフォルダの管理みたいなものです



        これはあまり日本には無かった考え方で、英語で言う

        abstraction levelという表現になり、私の理解では

        脳機能科学者の苫米地英人氏が有名にさせたのでは

        ないかと思ってます



        ミクロとマクロという表現も似たものでしょう



        そしてそれが何故問題解決に結びつくのかという

        話になりますよね



        今回は「抽象度を上げる」という解決アイデアに

        ついて書きたいと思います。



        抽象度を上げるというのは、より大きな視点で見る

        見方のことです。その物事を一回り離れて見るという

        表現にもなります。



        離れて見るということは、例えば自分一人の問題だと

        思っているとき、自分だけの問題だという見方を

        一旦横に置いて、自分も含む問題に関係する人達全員

        という視点で考えてみるということだったりします



        例をあげると、



        大阪では有名やお好み焼き屋チェーンに「千房」

        というお店があり、中井社長という名物社長が

        いらっしゃいますが、その方が以前にこんなことを

        言っていました。


        それは道頓堀にある自分の店にお客さんを増やす

        ためには、大阪という土地全体にお客さんが増える

        ことが大事だから、全国から大阪への観光誘致作戦の

        リーダーを引き受けたという話でした。


        実際、この作戦は功を奏して、たくさんのお客さんが

        大阪に来ることとなり、難波から道頓堀界隈の人並み

        は劇的に増えることとなり、お店の売上は随分と

        伸びたそうです。



        これは大分抽象度を上げた考え方だと思います

        お好み焼き屋の問題を地域の問題という視点に

        切り替えたということですね



        他にも例を上げれば、ダイエットができないと

        悩んでいるとき、個人の食生活を問題視するより、

        家族全員の食生活を見直す方が良いかもしれません。

        さらにそれよりも食生活を含む自分の生活スタイル

        全体を考えた方が早いかもしれません。



        個人の夢の実現に悩むときなら、それを短い期間で

        見てしまうから悩んでいるということにもなるかも

        しれません。

        長い時間で見てみることで、その中の一部である

        今という時期がどのような意味を持っているのかと

        考えれば、違うアイデアが出たり、そのままで良いと

        思えたりすることもあるでしょう。






        抽象度を上げるということをまとめますと、それは


        「より大きな視点で、問題を扱ってみる」


        ということになります。



        小さな枠で問題を見続けると、解決策もとても

        発想が貧困になり、限られたアイデアになりやすい

        ものなのです。



        読者様も、問題を感じる何かがありましたら、

        是非とも一回りも二回りも大きな視点で眺めてみる

        というアイデアを是非ためしてみてください。



        そして次回は抽象度を下げるという反対側の

        アイデアについて書きたいと思います。



        お楽しみに★



        JUGEMテーマ:ブリーフセラピー

        0
           この記事は、


          こちらのリンク



          書き溜めているものです。

          まだある程度は書いていくと思います。



          今回はその第4回


          前回の記事

          で扱った「抽象度(視野の広さ)」について扱う

          ことの反対の側面について書いてみようと思います。



          前回、抽象度を上げて考えてみようとすること、

          それは少し対象となるものから離れて、全体を

          眺めてみようとしたり、もっと広い視野で見て

          みようとすることだと書きました。



          そして今回は逆に抽象度を下げる(掘り下げて具体的

          にしてみる)というアイデアについてです。



          このことにも私は二つの側面があると思っています。

          具体的にするのは、一つは自分の問題に対する

          解釈を具体的にしてみるということですね。



          これは問題について、どう考えているのか、自分で

          詳細を検討し直してみることになります。



          これもまた画期的なアイデアになるかもしれません。



          例えば、自分の性格について問題を感じていたり

          するとしましょう。

          自己否定が止まらないなどの話題は、メンタルの問題

          ではいつになっても増える一方のような問題です。



          この問題を現実的に当てはめると、どうして自己否定

          しなければならないのだろうか。

          という疑問を持つと、この問題について具体的に

          考えることになります。



          具体的にするということは、一番簡単な方法として、

          5W1Hの形にして、確認することですね。



          Where

          これはどこで起きた問題なんだろうか。


          When

          これはいつからの問題なんだろうか。


          What

          自分は実際に何を問題だと思っているんだろうか。


          How

          これはどのように起きた問題なんだろうか。


          Why

          これは何故起きた問題なんだろうか。


          Who

          この問題はそもそも誰の問題なんだろうか。




          人は問題を抱えてしまっているとき、多くは情動に

          まみれて、何が問題なのかということそのものを

          見失いがちです。



          情動にまみれると、感性を司る右脳優位となり、

          論理と言語を司る左脳の力を失いがちですので、

          こうやって具体性を確認することで、問題を冷静

          かつ詳細に確認できるようにするのです。



          というわけで、先ほどの自己否定の問題について

          考えるとこうなります。



          今回、自分が自己否定しだしたのはいつからだろうか。

          そしてそれはどの場面のことだったんだろうか。

          その場面において何を問題だと思っているのか、

          また自分や他人のどんな行動を否定につなげて

          しまっているのだろうか。

          そして、特にどのように否定しているんだろうか。

          そして、どうして自分を否定しないといけないの

          だろうか。

          そもそも否定しているのは自分なんだろうか。

          誰かが否定してきたことを、そのままそうだと思い

          込んでしまっているのだろうか。



          というように考えてみることになります。



          是非、ご自身が抱える何かがあるなら、やってみて

          いただきたいと思います。



          今回は、問題を具体的にするからこそ、見えてくる

          視点もあるということについて書きました。


          具体的


          みつをさんってホント素晴らしいこと書きますよね


          また次回は、再び抽象度を上げるアイデアについて

          別の視点から書こうと思います。



          JUGEMテーマ:ブリーフセラピー

          0
            この記事は、


            こちらのリンク


            に【行き詰っているときのヒント】について

            書き溜めているものです。



            今回はその第5回


            前回に引き続き、この記事

            で扱った「抽象度(視野の広さ)」について扱うこと

            の更に別の見方と表現について書いてみようと

            思います。



            先日、絵を描く方に話を聞いたのですが、この時の

            話が抽象度を上げるということに説明ついて、とても

            わかりやい表現だと感じたのです



            私がその方に、「抽象度を上げる」ということに

            ついて、



            「問題から少し離れて、その問題の全体像が見える

            ようにしてみること」



            だと説明しました。



            するとその方は、それはデッサンなら当然のことだと

            言われました



            たしかにデッサンは、ある程度出来上がったら一旦

            離れて見てみないと、全体のバランスがわからなく

            なりますよね



            そしてそれを最初から応用した透視図法という

            デッサン法について教えてもらうこともできました



            なるほど全体像を掴みながら描く手法のようで、

            よくよく考えてみると中学校くらいの美術とかで

            習った気もします。



            図で言うとこんな感じでしょうか






            想像力と計算を働かせて、いくつもの視点から、

            被写体の全体像を捉えてます



            私たちのような問題の短期解決を目指すセラピー手法

            はまさしくこれなのです



            そして、解決手法を提案することよりも、もっと

            もっと重要なのが、この全体像を捉えようとする

            考え方なのです



            何かの問題を木に例えて言うなら、森の中にある木

            そのものを見ようとすることよりも、木は森の中に

            あるのだから、森全体を見つめてみようとするわけです



            自分の問題を、少し離れた視点で眺め、いろんな角度

            からデッサンしてみる



            芸術家という方々は本当に素敵な考え方を持った

            人たちだなぁと思った次第です



            いつもご愛読ありがとうございます



            JUGEMテーマ:ブリーフセラピー

            0
               この記事は、


              こちらのリンク


              に【行き詰っているときのヒント】について

              書き溜めているものです。



              今回はその第6回


              少し前に、問題を解決させないという解決法に

              ついて書いたのですが、それをもう少し詳しく

              書こうと思います。

              前回の記事はこちらです。






              このことは特に人間関係の問題について、

              当てはまるものになります。



              私たちは問題を感じてしまっているとき、自分の

              要望を相手に受け入れてもらいたいと意識する

              ばかり、相手がそのエネルギーに影響を受けている

              ことを忘れがちです



              問題を綱引きのように考えてみましょう






              もし、問題解決が相手に勝つことで達成されるなら

              もちろんOKです



              それはただ討論に勝利すればいいでしょう



              しかし、現実的には、綱引きそのものが問題であるが

              多いものです



              大きく言えば、国家間の戦争や、国内の内紛なども

              同じだと言えますし、家庭内のイザコザも同様です。



              大切なことは関係者皆が平和で満たされた未来を

              手にすることではないかと思います



              綱引きで買ったとしても、そこには相手にとっての

              不満が残り、そのエネルギーはいつか報復となって

              返ってくるかもしれません



              ガンジーという人の無血革命は、きっとこのことを

              理解していたんだと思います



              つまり買ったとしても相手に不満を残せば、綱引き

              による問題は終わっていないのです



              綱引きをやめられること自体が、皆にとって大きな

              前進をつくれる可能性は常にあります



              ではどうしたら綱引きをやめられるのでしょう



              力を必死に込めていると、もちろん相手も必死に力を

              込めてきます

              だからと言って、力をすぐに抜いたらどうなる

              でしょうか



              自分が綱を持っていたなら、あっというまに相手に

              引っ張られ、逆に事故になりかねませんし、綱を

              離したとしたら、相手が一息に綱を引っ張ってしまい

              ますから、相手に事故が起きるかもしれません



              大切なことはバランスです



              やじろべえなら、片方の分銅をとってしまえば、

              壊れてしまい、やじろべえではなくなってしまうでしょう



              綱引きの場合、効果的にやめるためには、少しずつ

              力を緩めなければなりません

              そうすると安全に試合を終了することができます



              もちろん勝敗の行方は引き分けなので、スポーツだと

              したら面白くもなんともないですがね



              ある意味、私たちは、なんでもスポーツのように

              勝敗がハッキリ出るものだと洗脳されてしまって

              いるのかもしれません



              問題の完全解決にこだわるよりも、問題が小さくなる

              ことに目を向けて見るのも、あるときには最高の

              アイデアになり得るでしょう



              解決させるより、バランスをとるために力を緩めてみる



              ときにはそんなように考えてみてください



              いつもご愛読ありがとうございます




              JUGEMテーマ:ブリーフセラピー

              0
                株価暴落
                株価暴落(1日チャート)



                一昨日からの株価の急落がすごいことになってますね

                短期的に運用をしている方は本当に青ざめた方も

                いらっしゃったのではないかと思います。



                メンタル面から考えると、急場の予期せぬ動きに

                どう対応するのか、こういうときにどうやって

                冷静に対処するのかが重要です。



                どちらにしても、人生にはうれしい時も望ましくない

                ときもあります。



                そういうときにどこに視点を向けて考えることが

                できるのかという焦点の合わせ方が、人生という

                波とどう付き合えるのかを左右します。



                株価をそのように考えるものなのかどうかはわかり

                ませんが、自分にとって望ましくない変化が眼前に

                あらわれたとき、自分はどう反応するのでしょうか。



                自分なりの典型的なパターンはあるのでしょうか。



                このときに、問題を継続させてしまう考え方と、

                問題を短く切り抜けやすい考え方との二つが存在

                します。



                問題を継続させやすい考え方は、この問題が起きた

                原因はなんだったんだろうと悩む視点です。

                もちろん原因が正確にわかるなら、すぐそれを対処

                すれば良いことはあります。



                しかし、原因がわからなかたり、原因がわかっている

                のに対処のしようがないとき、それはどれだけ考えて

                も長期化し泥沼化していきがちです。



                そして問題を短く切り抜けやすい考え方とは、



                「人生は予期できるものではない。だからこそ、この

                問題の解決に集中しよう」



                という考え方です。



                解決に集中する場合、以前、似たような問題をどうやって

                切り抜けたのだろうか。



                とか、



                今解決の為にできる最も取り組みやすいものは

                なんだろうか



                などという考え方になってきます。



                この二つのことを、前者が原因思考、後者が解決志向

                と言います。



                原因思考に囚われ過ぎず、解決を考えてみよう。



                そんな風に考えてみてください。



                株価も5年図を見れば、こんな波として見えるものです。



                日経平均5年
                日経平均株価(5年チャート)


                波は落ちていくところを見てしまいがちですが、

                ちゃんと上がって行く時、それもまた理由があって

                上がっているのです。



                今だけの短い周期で考えず、複数の周期をどう

                切り抜けてここまで来たのかを考えると、人生には

                驚くほど様々な対処をしてきたことに気づけるかも

                しれません。



                短期療法家として、読者の皆様が、できる限り短期に

                悩みから解放されますことを心から願います。



                いつもご愛読ありがとうございます。



                JUGEMテーマ:ブリーフセラピー

                0
                  谷亮子


                  谷亮子さんは、世界選手権を10連覇したときに、

                  毎度相手の想定範囲を超えるだけの、勝利パターン

                  を本番中にイメージしていたというインタビュー

                  記事を読んだことがあります。



                  私たち短期療法家(ブリーフセラピスト)が扱う

                  問題は、今まで通りの当たり前の考え方の中では

                  解決できないものが多いものです



                  単純に心理相談と言えば、心療内科に行くことが多い

                  でしょうし、そこまでいかない場合、誰かに相談

                  したりして解消しようとするでしょう



                  そこで解消されるなら、私たちのところに来られる

                  ことはありません



                  アクションを起こして失敗し、一度行き詰まり、

                  どうにかしようとしてまた失敗し、二度行き詰まり、

                  そんなことを繰り返している方が、どこかに違う

                  方法はないのかと、いろいろと調べているうちに

                  見つけてくれるようです



                  だからこそ、ややこしい問題を抱えていらっしゃる

                  場合が多いんですね



                  そして、それが例え複雑化したややこしい問題で

                  あっても、やはりその解決の為の、基本的前提

                  というのがあります



                  その一つが、

                  今までのクライアントの考え方そのものでは、対応

                  できないことがここに起きているという前提です



                  クライアントの人生には、今までの考え方では対応

                  できない何かが起きていると見てみるのです



                  ということは、そこには新しい概念が必要になります

                  新しい視点とも言えるでしょう



                  新しい概念が生まれると、考え方そのものの選択肢が

                  増えることになりますので、新しい行動の為の

                  アイデアは当然の如く生まれやすくなります



                  【行き詰っているときのヒント】というブログ記事の

                  シリーズでは、そういう新しい考え方の基と

                  なる基本的前提を紹介していければということです



                  シリーズ【行き詰っているときのヒント】





                  今までの通りでうまくいかないんだから、今までとは

                  違う考え方にする



                  抱えている問題の性質を上回るだけのアイデアを

                  出そうと試みてみること



                  当たり前の話ですね






                  JUGEMテーマ:ブリーフセラピー

                  0
                    [悩み解決方法] ブログ村キーワード



                    インディゴの空



                    読者の皆様、こんにちは



                    今日の大阪の空は素晴らしいブルーです。

                    光のせいか、写真で撮ると少し濃く見えますね。



                    そう言えば、悩みなんかが解消できるとき、そこには

                    一つの閃きが生まれたことが要因になったりしますよね。



                    そして真面目な話に戻しますが、心理学の上でも、意識

                    には内面の思考に焦点が当たっているときと、外に実際

                    にある世界に目が向いているときの二つが存在している

                    と言われています。



                    悩んだり、深く考えこんでいるときは、よく誰かに

                    「どこ見てるの?」とか言われたりするのは、その為

                    ですね。



                    私はこのことを知り始めた頃、深く考え過ぎてしまう

                    自分の傾向を軽くするために、わざとよく

                    「今の空は何色かな?」

                    と自分に問いかけるようにしていました。



                    時には「今の空は何色かな?」と関心を外に向けて

                    みていただくと、ふと何かに気付けたりするかも

                    しれませんね。



                    皆様の、今日という日のコミュニケーションに素敵な

                    花が咲きますように。



                    いつもご愛読ありがとうございます。



                    追伸

                    我が家は「源さん」という名前のセキセイインコを

                    飼ってるんですが、私がコミュニケーションのことを

                    ずっと話しているせいか、「源さんケーション!」

                    とかと謎の言葉を連呼しています(笑)



                    日々に役立つメンタルと人間関係のお話をメルマガで

                    お届けしています。アイコンをクリックしてください。




                    JUGEMテーマ:メンタルケア


                    0
                      [悩み相談] ブログ村キーワード


                      人生にはとても大きな苦しみを抱える場面が、何度もあります。

                      今そんな苦しみを抱える人もいるかもしれません。

                      私の元へそんな方が訪れた際には、決まってお伝えする言葉があります。

                      「今起きていることは、決して避けることはできなかったこと。だからこそ、時間がかかったとしても、この問題を未来の自分と関わる人々の為、新しい未来の為に見つめ直し、生かしていきましょう。きっと何かを得るために、この出来事はあったのだと、未来になれば気付ける筈です。」

                      人は苦しく辛いことが起きると、「どうしてこうなってしまったのだろう」という原因と理由を探して、それがまた別の苦しさを生むという二重苦に陥ることがあります。

                      でも起きたことは、自分が悪かったわけでも、他の誰かが悪かったわけでもないのです。

                      大切なことは、このことを通して自分はどんな未来を考えていくのか、それを人生という大きな力から問われているのです。

                      今悲しいなら我慢する必要などありません。

                      泣きましょう。

                      今腹が立つなら、それを抑える必要などありません。

                      怒りましょう。

                      自分に起きる感情の波。それもまた抑えることなどできないのです。

                      すべては当然の如く起こる、必然なのですから。

                      そもそもこんなに苦しい世の中を、なんとか生き続けていることが、とても素晴らしいことなのです。

                      そして感情の乱れが落ち着いたなら、自分をいたわり始めましょう。自分はよくやってきたよな…と。

                      あとは誰を責めるでもなく、この出来事を通して自分は何を学び、これからどう生きていくのか、模索していくのです。

                      今抱える辛い出来事は、いつかきっと貴方を支える柱となって、あなたを支えてくれることでしょう。

                      「あんな〜時代も〜あ〜ったねと…♪」

                      この歌は本当に素晴らしいですね。

                      私のブレイブソングです。

                       

                      JUGEMテーマ:悩み解消法

                      | 1/2PAGES | >>