自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

0
    木陰の道


    今この文章をお読みいただいている貴方は、

    どのような状況にあり、何を思っている方なのでしょう。



    私には知るすべもありませんが、写真のような平和な

    木陰の中の道を穏やかに進んでいてくださったらと

    心から願います。



    今回は自己否定という題材について、書いてみたいと

    思います。


    心理学的には、この自己否定ということが歴史的な

    永年のテーマなのではないかと思います。



    そして自己を否定してしまうことが受容でき、自分に

    とって問題でなくなり、自分が自分のままで居ても

    良いと思えたり、自分という存在は社会にとって

    意味があると思えたりするとき、とても満たされた

    感覚があるようですね。



    この価値観を実存的価値と言うそうです。



    人は実存的価値という幸せを求め、生きている存在

    なのかもしれません。



    そして自己否定してしまうときの対処法には、

    事前準備のようなものがあります。



    それは自分という存在を、自分で見れるように

    することです。



    例えばこんな文章に自分を当てはめてみたら良いと

    思います。



    「◯◯という人(自分のこと)はこういう性質で、

    こういう人生を歩んできて、こういう状況に置かれて

    いるようです。」



    自分なのですが、それについて説明している場合、

    まるで他人のように扱うことになります。



    自分を他人のように見つめてみること。

    その認識をメタ認知と言ったりするようです。



    メタとは一回り外からそれを見つめる概念のこと

    ですね。



    自分で自分が嫌いなところもあるでしょう。



    私もあります。



    私は北海道の自転車で牧場に行けるようなところに

    育った田舎者ですから、何かすごい知識を得たり

    すると、すぐいい気になって語ったりしたくなります。



    ときにはそれが他者を批判しているように

    受け取られることもありますから、そんな自分が

    嫌になることもあります。



    でも、嫌でも別れることができないのが自分。

    自分は一生自分と一緒に居ます。



    自分の特徴を語るときの自分、それが誰なのかは

    わかりませんが、それがメタ認知であり、仏教概念で

    言うところの空にも似たものなのかもしれません。



    自己を否定してしまうとき、貴方はその否定された

    自己そのものとはまた違います。



    メタ認知の方が、もっと貴方自身と言えるでしょう。



    その貴方だからこそ、貴方の人生を変えていける。



    実際、カウンセリングの際に、自己否定してしまう

    クライアントを扱うときには、先ずはこのメタ認知

    を理解するところから、話をすることが多いのです。



    離れることはできない自分という存在。



    どうせ離れられないなら、その自分とどう付き合って

    いくのかを考える。



    その自分と共にどういう人生にしていくのかを考える。



    そんなことが、自己否定してしまうとき、その対処を

    していくに当たっての事前準備となります。



    いつもご愛読ありがとうございます。



    人間関係とコミュニケーションについてをトレーニング

    できるプログラム提供を始めています。

    ご興味のある方は、こちらをご覧ください。




    遠隔地からもセミナー時のみお越しくだされば、

    参加可能です。



    ちなみに今夜は最後の開講前のワンコイン

    プレセミナー最終日です。数名は空きもあります。

    リンク先からお申込みも可能です。




    JUGEMテーマ:メンタルケア

    0

      [自己否定] ブログ村キーワード

       

      心理カウンセリングにとって、自己否定はとても重要なテーマ

       

      それはどんな悩みにもある程度関係してしまうからです

       

      どうしてそう言い切れるのかと言えば、

       

      『自分の選択に間違いがないと心底確信できるのであれば、悩みとして長く続くことはない』

       

      私にとってそう思えるから

       

      初開催のセラピーライブ

       

      セラピーライブ上野大照によるSHOW

       

       

      昨日は初開催のセラピーライブ

       

      その名も私の名前をもじり、

       

      上野大照のSHOWということで、

       

      『上野大SHOW&交流会』

       

      参加者の生の悩みをその場で即解決すると銘打ち、悩みを持ってきてくださいと事前告知しているイベント

       

       

      超短期解決型オープンカウンセリング

       

      参加者にとって、セラピーを低料金で受けることができますし、他の人の悩みが解決していくところを見ることで、自分や周囲の人の悩みにも対応できるようになるとてもお得なイベントです

       

      しかし、私にとっては、とてもリスキー

       

      その場でどうにもならないとき、私のセラピストとしての信用は失墜します

       

      しかし、そんなリスクをとってでもやる価値は、私にとってももちろんあります

       

      先ず、自分がどの程度のセラピストなのか、自分で知ることができます

       

      今回、全員の問題を一応の解決まで対話した時間は、

       

      10人に対して90分(一人10分以内)

       

      簡単に解決可能なもの

       

      時間をかけないと無理なもの

       

      参加者の面前だからこそ、それが綺麗により分けられる

       

      そして何より、私には何ができ、何ができないのかを知ってもらえる

       

      結局のところ、参加者にも主催者にも、とても価値の高いイベントなのです

       

      ※今後は5名程度のオープンセラピーを増やしていきたいと思っています

       

       

      自己否定したまま問題は解決しない

       

      セラピーライブ上野大照によるSHOW

       

       

      私がクライアントにも、養成中のセラピストにも常々言っていること

       

      それは、

       

      『自己否定したまま問題は解決しない』

       

      ということ

       

      自分の考え方や選択に迷いながら、人生を力強く前進させるなど、到底不可能だからです

       

      参加者から出た自己否定的なテーマは、私にとって、セラピストスピリッツを大きく刺激するものでした

       

      ライブの中で出てきたいくつかをご紹介します

       

      めんどくさいと思う自分をダメだと思ってしまう

       

      セラピーライブ上野大照によるSHOW

       

      『めんどくさい』

       

      私も含め、多くの人が感じてしまう内面です

       

      不思議と湧いて出てくる感覚

       

      この内的発言との付き合い方は、そう簡単ではありません

       

      私がお伝えしたのは、めんどくささは、貴方が大切にしているものを教えている

       

      この方の場合、私に見えたのは『時間』でした

       

      今を楽しんで生きることに、とても重要性を感じる方だったのです

       

      こういった答えは全員には当てはまりません

       

      皆がそれぞれに違う答えを持っているのです

       

       

      自己受容できない自分

       

      もう一つ出てきたテーマ

       

      それは、

       

      「心理の学びを続けていると、自己否定をやめ、自己を受容することが大切なのだとわかってきた。しかし、私はいつまで経っても自己受容ができない」

       

      というもの

       

      私にはこれがとても素敵に見えました

       

      自分を受け入れることができないと誠実に語る様

       

      きっとこの人は、

       

      「自分なんて簡単に受け入れるべきじゃない。もっともっと成長していかないといけないんだ」

       

      と感じているのだろうと

       

      私から出た言葉はこうでした

       

      『自己受容できないという自分にこそ、貴方の価値を感じます』

       

      ちょっと違う視点から見ればとっても素敵な内面

       

      しかしそれができずに、自分を否定し続ける

       

      多くの人がそんなふうに悩んでいます

       

      そういうところにこそ、私という存在が社会にとって意味を持つ点なのだと感じるのです

       

       

      運命と自分という二大テーマの付き合い方をレクチャー

       

      セラピーライブ上野大照によるSHOW

       

      ライブでは、対話だけではなく、運命、自己などの悩みのネタとなる根本的な領域について、ミニレクチャーもさせていただきました

       

      悩みの構造を知るだけで、悩みの解決をある程度意図できるのです

       

       

      最後は交流タイム

       

      セラピーライブ上野大照によるSHOW交流会

       

      最後45分ほどは、参加者の皆さん同士、交流タイムとさせていただきました

       

      自分を否定しないで良いという空間だからなのか、思うがままを言い合える素敵な時間になっていました

       

      今後拡大していけたらと願う、開催にとても価値を感じるイベントとなりました

       

       

      セラピーライブ上野大照によるSHOW

       

      心匠 上野大照の最新情報はメルマガで

       

      心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

       

      私が主催するイベント情報はメルマガでお受け取り下さい

       

      配信頻度は平均して週に数回

       

      主に朝に届きます

       

      イベントやカウンセリングの開催地は主として大阪

       

      遠方の方は、個別Skypeセッションなどもさせていただいております

       

       

      JUGEMテーマ:自分のこと


      | 1/1PAGES |