自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

0




    1980年、76歳で亡くなられたグレゴリー・ベイトソンは、とても偉大な思考を成し遂げた人だと思います。

    ふと、彼について学んでいる中で気づいたことが、とても素晴らしいことだと思い、Twitterに連投した内容がとても重要だと思いましたので、ここにも紹介しておきます。

    私の考え方を興味を持って学んでくださっている方であれば、是非ともご覧ください。

    18:56からのツイートに注目です。

    上野大照 @uenotaisho 2013年12月23日のtwitterログ


     
    JUGEMテーマ:人生論

    0
      [精神] ブログ村キーワード




      文化人類学者であるグレゴリー・ベイトソンは、

      「精神(マインド)=システム」

      であるという視点を生涯持ち続けた人です。

      この考え方は現代のコンピュータ科学を支えるサイバネティクスという考え方を創造し、育てたわけです。

      そしてこの「精神」という表現は、「意志」とか「生命」とも言えるような気がします。

      人は自分の生命の意味や目的を求める反面、その答えにはたどり着けないという一生を過ごす方が大多数です。


      これを少しわかりやすくしてみますと、人間は細胞で出来上がっており、その細胞一つ一つもまた生きているというわけです。

      一人という表現で一つの生命だと考えられてしまいますが、実際、腸内細菌なども常駐していてくれるから、人間は生命を続けられるわけで、人が死ぬと当然その腸内細菌達の生命も終わります。

      以前、精子は生命なのかそうでないのかと考えたこともありましたが、こう考えると明確に生命の一部(つまり単体でも生命)と考えることが可能になるわけです。

      そしてここには完全とか不完全とかいう考え方はありません。

      何かを構成する要素であるなら、それは生命だと捉える考え方なのです。


      どうやら個だけを見つめるとその存在意義や価値、ルールなども見えにくいのですが、集合(システム≒精神≒生命)として見つめると色々と理解できるようです。


      ではこれをもう少し実際的な、家族という精神システムや、団体という精神システムと考えると何が見えてくるのでしょうか。


      これは書いている私が相当面白くなってきました。


      今メルマガシリーズで書いている「精神病の作り方」を終えたら、次のこのテーマで詳しく実生活に併せて書こうと思います。

      大照のメルマガ、日々の気付けることが色々と増えると思います。どうぞご登録ください。

      メタセラピスト大照 公式メールマガジン


      ブログランキング。ポチッとクリックで応援してくださると嬉しいです。
       
       


       

      | 1/1PAGES |