自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

0
    昨日は、色々と「クライアントの望んでるものは何だろうか」などという話を、現在もお世話になっているプロコーチ養成の「宇野塾」の仲間たちと語りました。
    そのときに、
    「僕はどうしてコーチングを始めたんだっけ?」
    とふと思ったので、ログを残そうと思います。

    NLPコーチング業界という表現がどうかは別として、私がNLPコーチングを始めたきっかけは、一昨年、久しぶりにあった知人から、
    「コーチング始めたから、練習コーチングに付き合って」
    と言われたことでした。

    そして始めて受けたコーチング。私は恥ずかしながら、コーチングという言葉すら知りませんでしたが、私の感想は
    「何となく良いものだなぁ」
    と言った感じのものでした。

    何が良かったのか、それはよくわかりません。
    「雰囲気が良かったのか?」
    という感じです。

    しかし、どうもこの「なんとなく何かが良い」感じが気になりました。

    「NLPってどんな理屈のものなんだろう・・・」
    「こんな演技みたいなことやってて、本当に現実が変わるのか?」
    なんてことも思ったりしました。

    というわけで、なんか気になったので、早速知人が勉強したというNLP資格認定スクールの「プロコミュニケーションスクール(PCS)無料体感ライブ」に参加。

    無料体感ライブでは、NLPを始めた人物や歴史、効果などが語られ、実際にワークもやりました。
    ここで気になったのは、前で話している人のやたら発揮されてる「自信」。
    とにかく、「このコースを受ければ、あなたの人生は変わる」という感じの自信にみなぎっていました。

    で、何となくPCS参加を申込みました。別に何かに感動したからではないんですよね。
    そのみなぎっている自信に興味が湧いたからという感じでしょうか。

    そして何となく始まったPCS
    最初は、なんか用語が難しくてよくわかりません(^^;)
    でも、初日からなんか身体の感覚が良い感じになってくるのがわかりました。

    で、段々受け続けると、どうやら以前に時々味わってた、気功の施術を3千人くらい体験した後から生まれた「特殊な感覚」と同じものが、説明されていることに気付きました。

    その感覚とは、無の境地のような状態で、まわりの音がすごく遠くまで聞こえるような気がし、施術の急所がすぐにわかります。その感覚があるときには、クライアントの変化にもすぐに気付けて、何故か自然に最適な行動がとれるんです。

    しかし、その感覚は突然に訪れるもので、自分で自らその状態にはなれません。
    時々あらわれる、奇跡を起こせる状態という感じです。

    「あ、あの感覚を説明して、それを再現可能にしてるのか!!!」

    衝撃でした。
    多くの先人達が説いてきた境地を、再現可能にできる技が教えられているのではないかと思いました。

    「この感覚を自分自身がリモコンのスイッチを入れるように使えるようになるのなら!」
    そしてこの感覚を「人に与えられるのなら!!」

    僕が見てきた、救うことのできなかった命達を、きっと救える。
    クライアントには、症状をとるだけでなく、生きたい人生を生きてもらえる。

    そんな風に思ったんですよね。
    まあまだまだ書きたい変化はたくさんありますが、今日は始めだけということで。

    長くなっちゃいました。しかも既に朝方(^^;)。
    明日は朝から仕事なのに・・・。

    ではではおやすみなさい。

    0
       何かが終わって、何かが始まる

      きっと人生はその繰り返しなんだろう

      卒業おめでとう
      いつまでも応援してる

      起きたことはすべて最高

      | 1/1PAGES |