自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

0
     最近、これから実力を出したいシーンの直前に自分のパフォーマンスを上げることは可能か、いろいろと試してます。

    私自身、ある気功的療法のセラピストなんですが、何の意図があるのか、その前に疲れがひどく出て、眠くなることがあります。
    もちろん、眠さが強いとあまりよく結果は出ません。

    ですので、いろいろと試してみました。

    まず、眼球動作。
    「眼球の動きと、パフォーマンスは比例する」
    ということを私の通うNLPのスクールで聞きました。
    疲れが溜まってきている状況での、眼球動作ワークはなかなか堪えました(^^;)
    目の疲れを感じているとき、やっぱり眼球動作は遅いです。
    こういう時に、思考はガチガチに固まるんでしょうね。

    これはあまり今効果的でないと判断し、呼吸を意識したワーク。
    ある方法で呼吸を意識し続けます。
    こちらは、短時間で目がパチーン!来ました!
    その後、身体の動きもしやすく、クライアントの身体の変化もつかみやすい!

    NLPには、自己のパフォーマンスを上げる様々な手法がありますが、瞬間的に上げられるものをこれからも研究します。

    ちなみに、こういったことの学びは、ゴールデンウィークに開催される「PLAハイタッチキャンプ2010」でいろいろやると思うんですよね。
    去年はいくつもやりましたし。

    キャンプ2009無意識ワーク

    これが楽しみで今年も行くんです♪

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック