自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

0
    この土日は日本ブリーフセラピー協会の研修を受けて

    きました。


    日本ブリーフセラピー協会特別研修
    (研修内部は撮影禁止なので、会議室の外から)


    講師は同協会理事長で、教育学博士の生田倫子先生。

    MRI流の日本の第一人者である長谷川啓三先生の直弟子

    様でもありますし、実際に本場のMRI(*1)、BFTC(*2)、

    SFBTA(*3)とも直接コンタクトをとっておられる方です。


    *1)MRI   = Mental Reseach Institute
          (精神研究所)
           本部:カリフォルニア州パロ アルト
    *2)BFTC  = Brief Family Therapy Center
          (短期家族療法センター)
           本部:ミルウォーキー
    *3)SFBTA = Solution Focus Brief Therapy Association
          (解決志向短期療法学会)




    私自身、NLPを学ぶところから始めた人間でしたから

    広義の短期療法という位置づけでやってきましたが、

    正確に言えば、それは短期的精神療法をやってきた

    ということになります。



    それなりの件数はこなし、それなりの成果を得てきた

    とはいえ、より一層の社会化を意識するとき、本流

    としての短期療法の理解と団体としてのバックアップ

    体制の必要性は避けて通れないものと自覚し、今回の

    研修を受けて参りました。



    そして結果から言って本当に受けて良かったと思って

    います。



    短期療法の本場であるアメリカのMRIとBFTCの

    二つの流れを正当に組んだ短期(家族)療法で、

    ダイナミックかつシステマチックな手法を学べました



    そしてなんと、この二つを統合的に学べる環境は

    世界の中でも日本しかないそうです。



    アメリカではいろいろと事情もあるようです。



    そして特に私に足りなかったのは、システム論の理解

    だったと思います。



    実際、生田先生ご自身も、システム論について、

    著作で説明するのは難しく、初心者にもわかりやすく

    書かれたものはおそらく存在しないだろうとのこと

    でした。



    結局はこの研修を受けるしかなかったということ

    ですから、幸運だったとも言えます。



    内容はあまり公開するわけにもいかないと思うので、

    詳しくは書きませんが、短期療法と解決志向の

    共通概念として、クライアントが問題とする状況を

    どう見立てるのかというところが焦点になってました。

    つまり見立て方の研修だったという話ですね。



    処方となる行動的な介入は、その見立てがちゃんと

    できてない場合、本当に意味のないものになって

    しまいます。



    心理療法にはたくさんの見立て方法がありますから、

    今までの私の見解が間違っていたとは言えないの

    ですが、システム論から見た見立て法という観点で

    言えば、私は重要要素が欠落していたと言える気も

    します。お恥ずかしい話ですが…



    大阪への講師招待も検討していただいておりますので、

    もしかすると、ご興味のある方は参加いただける

    かもしれません。



    乞うご期待です。


    濱ポークとビール
    会場は横浜だったので、帰りには濱ポークなる駅弁とビールで一人お疲れ★



    大照 新幹線の車窓
    帰り…新幹線の車窓に映るまどろみ中の私



    JUGEMテーマ:
    メンタルケア 

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック