自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

0

    焦った顔


    読者の皆様こんにちは



    今日は「何かをしなければならない」という思いに

    かられ、焦ってしまう心境を抱えたときの対処法に

    ついて書きたいと思います。



    それは「やらなければならないこと」を注視することを

    一旦手放し、思考の中で、「やりたいこと」についてを

    考えるようにするのです。



    私の場合に当てはめてみましょう。



    私の場合、本来はやりたいことばかりなのですが、

    やりたいことを達成する為に、自分に課した

    「やらなければならないこと」に押しつぶされそうに

    なることがあります。



    そういうときは、ちょっと思考に間を置いて、

    「結局は何をやりたかったんだろうか」と考えてみます。



    やりたいことや達成したいことに対しては、

    モチベーションが上がりますから、そういうことを

    考えていると、やる気が上がってきます。



    心理的には、単純に言えば

    やりたいこと = 内発的欲求

    やらなければならないこと = 外発的義務



    という具合になりますから、たとえ最初の動機が

    自分のやりたいことだったとしても、自らに指示を出し

    義務にしたとたんに、やる気が下がってきてしまい

    ます。



    ですから、

    「私はこれを達成したい。そのために今はこのこと

    から始めよう。そして今日ここまで達成しよう。」

    という考え方で一日をマネジメントしてみると、

    モチベーションを維持しやすい一日となるでしょう。



    結局はやりたいことしかやっていないはずなのですが、

    人はいつの間にか「やらされている」とか、

    「やらなければならないことに囲まれている」と思い

    がちです。



    先ずはこの思考から逃れ、どう成りたいのか、そのため

    には何をしたいのか、改めて考えなおしてから、実際の

    作業に入ることをお勧めします。



    パソコンに向かうおじさん



    にこやかにただ淡々と仕事が進むのは、一日を終える

    ときになんとも言えない満足感があるものですよね。



    いつもご愛読ありがとうございます。

    午後からも素敵な一日をお過ごしください。



    Have a nice day !!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック