自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

0
    [コミュニケーション] ブログ村キーワード
     
     
    読者の皆様、おはようございます
     
    今朝の大阪は少し肌寒さを感じてきました。
     
     
     
    昨夜は阿倍野コミュニケーション教室(特別日程)の
     
    授業をさせていただいたのですが、改めて感じたことが
     
    あります。
     
     
     
    それは、自分がとっているコミュニケーションは、
     
    自分ではわかりにくいということです。
     
     
     
    昨夜参加された方々は、テンションは落ち着いてます
     
    が、しっかりとお話をされる感じでした。
     
     
     
    そして昨夜の授業では、話の聞き方としてあいづちを
     
    どう使っていくのかということを扱ったのですが、
     
    (授業ではそれ以外にも色々と内容があります)
     
    あいづちと言ってもただやれば良いというものでは
     
    ありません。
     
     
     
    あいづちなんてやるのは簡単なのですが、相手に
     
    合わせて、相手が話しやすいペースをつくるように
     
    できているのかどうかは、自分ではわかりにくいの
     
    です。
     
     
     
     
     
     
    こちらがこういうテンポやテンションでやってみて
     
    くださいと伝えると、やはり最初はやりにくそうです。
     
    しかし、何度かやっていくと、その場でできるように
     
    なります。
     
     
     
    そうすると、相手が自然に自分の話をしやすいテンポが
     
    生まれていました。
     
     
     
    時折私が言っていることですが、会話の流れを握って
     
    いるのは話し手よりも聞き手です。
     
     
     
    どう聞いてくれているのかによって、話し手の話し易さ
     
    は左右されています。
     
     
     
    あいづちはその中でも一番簡単なヒアリングスキル。
     
     
     
    しかしそれをどの程度やれば良いのかは、実際の現場
     
    でないと理解が難しいものです。
     
     
     
    阿倍野コミュニケーション教室では、そこに起こして
     
    いきたい結果に焦点を当てた上で、コミュニケーション
     
    をどの程度編集していったら良いのか、直接的に講師が
     
    アドバイスできるようにしています。
     
     
     
    自分がどうコミュニケーションしていけば良いのかが
     
    わかること、それは実社会の中でとても大切なこと
     
    だと改めて感じました。
     
     
     
    一人ひとり、自分がどんなコミュニケーションをして
     
    いるのかを鏡のように知り、自分が望む方向への変化を
     
    果たすために、自分で編集できるようにしていくこと。
     
     
     
    このことをもっともっと広く社会に実現していければ
     
    と願っている次第です。
     
     
     
    いつもご愛読ありがとうございます。
     
    少し冷える地域も出てまいりました。どうぞお身体
     
    ご自愛くださいませ。
     
     
     
    生き方にサプリメントとなるようなメルマガ始めてます。
     
     
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック