自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

0
    [達成法] ブログ村キーワード



    最初にお知らせです。

    ここまでメルマガにて物事の考え方についてを、テンポ

    よくお伝えしてまいりました。

    現在第4号まで配信中です。

    (バックナンバーは登録後全て閲覧可能です)

    今夜のメルマガからは、人間関係をうまくいかせる

    コツを数回に渡ってお伝えしてまいります。

    ご興味のある方は、是非ご登録ください。

    メタセラピスト大照 公式メルマガ
    http://beautyscience.jugem.jp/?eid=77




    そして本日は、仕事(自分がやると決めたこと)全般に

    それを達成するまでやり続けるコツについて書きたいと

    思います。



    生きたいとと思っている望ましい人生がまだ手に入って

    いないなら、一読の価値があると思います。



    それはもちろん、どうなっていきたいのかが決まって

    からの話しなのですが、達成したいものが定まれば、

    そこには当然の如くタスク(やるべきこと)が発生

    します。



    今回お伝えするのは、そのタスクとの関わりです。



    こういった類のタスクは、日常やらなければならない

    ことより優先度が下がります。



    今をより以上に満足させるための目標だと思います

    から、毎日の必須タスクではありません。



    そしてここがポイントです。



    必須タスクではないわけですから、どうしても優先

    順位が下がります。



    ということは、時間的制約を受けたり、モチベーション

    が低いとやらない確率が上がってしまうわけです。



    ここが何かを成し遂げる人とそうでない人との差に

    なる部分でもあります。



    先ほどの二つの条件から考えまして、先ず自分の中に

    やらない理由を減らして行く必要があります。



    時間的制約に関しては、時間を継続的に用意すること

    から始まります。

    つまり自分の願望達成の為、タスクに手をつける時間を

    ちゃんと予定上用意するわけです。

    余裕ができたらやるということでは、人生の時間は

    いつの間にか使いきってしまうのが落ちですから。



    次に、モチベーションです。

    人は自然発生的なモチベーションを避けることは

    難しい課題です。そこをマネジメントする教育も

    いろいろとありますが、私はモチベーションを

    管理するよりは、管理しないでもできることの方が

    達成は早いと思っています。

    何故かというと、モチベーションが何に起因するのか

    を考えますと、心理学的には、本人の中で変えがたい

    信念やアイデンティティと繋がって生じているからです。



    ですからここはシンプルに考えます。



    単に予定に入れたらやるのです。

    もちろんモチベーションが低い時は効果を損ねます

    から、成果は期待し難いでしょう。



    でもこの成果が期待し難いときに、実際の行動を

    起こすのかどうかが重要な分かれ道です。



    逆に、自分にとってそういうときほど、一歩前へ出て

    闇雲にでも手を付けていきましょう。



    そういったことの積み重ねが、1年も続けば、既に

    そこには大きな違いが生まれているでしょう。



    今私もこのブログを何か一文でもどうにかして書こうと

    思ったブログです。



    たとえ一人にでも、なんとかして何かを伝えたい。

    その情熱を誰かに届けるため、時間はありませんが、

    なんとか更新できました。



    時間とモチベーション、事情に負けずに、本当に

    生きたい人生を生きる為のタスクに手を付けてみましょう。



    いつもご愛読ありがとうございます。


     
    JUGEMテーマ:自己実現

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック