自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

0

    [セラピスト養成] ブログ村キーワード

     

    来月から自分が主宰しているセラピスト養成コースの7期が開講する

     

    毎度、この時期に思うこと

     

    受講が決まっている人はまだ僅かだけれども、今改めて自分がセラピストを育てるということについて、その気持を書いておこうと思う

     

    セラピストという仕事が最終どこに辿り着くのか

     

    そう考えるとやっぱり、

     

    セラピーなんて要らない世の中を造ること

     

    ということになると思う

     

    そもそもセラピストってどういう人を言うんだろうか

     

    人が幸せになる為の相談相手

     

    と呼べば良いのか

     

    しかも自分が養成したセラピストという職業の人は、それでお金を儲けることになる

     

    もちろん、セラピストを職業とするのかどうかは、私が決めることではなく、受講者自身が決めること

     

    プライベートな領域でのみセラピーのスキルを活用されることももちろん良いし、それを止める気もない

     

    実際、そうやって受講いただいた方も数名いる

     

    しかし、授業内容はどちらかと言えば、プロのセラピスト向け

     

    最近は学術団体の役務をいただくようになり、プロのカウンセラー相手にトレーニングも担当させていただけるようになった

     

    そうすると余計に、『ある思い』が強くなった

     

    それは『本物がとても少ない』ということ

     

    こんなことを言うと、自分はどうなんだと言われてしまうかもしれないけど、高い意識でプロとしてのトレーニングや研鑽をし続けている人は少ないように思う

     

    人の幸せに責任を持つべき仕事なのに、これで本当に良いのかと思わされる

     

    同じことをスポーツ選手がやったらどうなるだろうか

     

    柔軟性や筋力なんて、鍛錬を怠ったらすぐに衰える

     

    だとすると、途端に引退を迫られるだろう

     

    相談業であっても、やはり技は研ぎ澄ませていないといけないし、心の鍛錬はもっと重要

     

    セラピストに求められる資質』とは何か

     

    受容力、対話力、発想力、責任性、誠実性などなど

     

    どれも高いものが問われていると思う

     

    しかし、プロとして現場を持つ人のどれくらいが、その一定ラインを越えていると言えるのだろうか

     

    心の鍛錬という意味で、自分の心の内側を見ることを怠ると、『転移』という恐ろしい症状に取り込まれる

     

    転移は相談者を身内のように捉えてしまい、依存させてしまったり、自分が依存してしまったり、恐れたり、恋をしてしまったり、過度に大事にして関係を乱したりする

     

    これは精神分析という分野が大切にしている概念

     

    私も重要だと思う

     

    相談者に振り回されるセラピストなんてどうしようもない

     

    次に、問題を解決させる技術

     

    主に人間関係の調整方法や、思い込み解除の方法新しい行動の促進など

     

    これだって具体的な技術が山のようにあるが、多くのカウンセラーが運任せのテキトウな相談業をやっている

     

    自分自身、未だ全然満足のいかないカウンセリングをすることはある

     

    自己評価では40点くらいのときもある

     

    それは主に、相談後、相談者の人生に力強い一歩が始まるとは思えないとき

     

    こんなことがあるからこそ、自分の鍛錬も研鑽もやめるわけにはいかない

     

    セラピストは人の幸せに責任を持っている職業

     

    そんなものが仕事として成立していいのかと、自分で疑いたいときもある

     

    でも、だからこそ、高い責任性を持ち続けられる自分でいたいし、そういう人を育成したい

     

    そしてここまでの得た知見を他の人に生かしてほしい

     

    今、思いの丈を書いてみるとこんな感じ

     

    出るに任せて気持ちを書いてみた

     

    そんな本質的なセラピストのトレーニングを受けてみたいという人

     

    是非来てほしい

     

    上野大照 セラピスト養成授業

    心匠セラピスト養成コース7期についての情報はこちら

     

     

    JUGEMテーマ:目指せ、セラピスト


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック