自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

0

    [SNS] ブログ村キーワード

     

    少し前には、神奈川県座間市での連続殺人事件が連日報道されました。

     

    この事件はSNSによって「死にたい」などと投稿していた人に直接犯人が、「一緒に死のう」などと誘いをかけることによって起きていたと言います。

     

    時代のニーズが高まるSNSカウンセリング

     

    このことは国としても大変重要視されており、閣僚級の会合が開かれて厚労省にて早速予算がついたりもしているようです。

     

    そして既にSNSでは、文科省が先行して10代のいじめ対策が始まっており、私の昨年からそこに関わらせていただいておりました。

     

    SNSによるカウンセリングで何ができるのかというシュミレーションにも、モデルカウンセラーとして使っていただきました。

     

    そして先日(5月10日木曜日)、ついに東京(永田町・国会議事堂前にある参議院議員会館)にて「SNSカウンセリングシンポジウム」が開催(全国SNSカウンセリング協議会主催)されました。

     

    私は、講師をさせていただいている関西カウンセリングセンターのSNS相談事業スーパーバイザーという立場で、パネリストとしての出席です。

     

    当日は160名以上が参加される盛会ぶりで、テーマがこの国からSNS相談を通じて自殺を無くしていこうというものだったこともあり、党や派閥に関係なく、国会議員の先生方もずいぶん沢山ご出席いただいておりました。

     

    そのうちのお一人、今回SNS相談に国(文科省)の予算獲得に奔走してくださった浮島とも子衆議院議員のツイッターを紹介させていただきます。

     

     

    イベント全体のチラシはこちらです。

     

    SNSカウンセリングシンポジウム チラシ表

     

     

    SNSカウンセリングシンポジウム チラシ裏

     

    チラシを見ていただいてもわかりますとおり、大変多くの方々が登壇される形のシンポジウムでした。

     

    多くの国会議員と関連13団体が集結

     

    文科省・厚労省の担当者を含むどの発表も10分以内程度のもので、後半のシンポジウムでも、昨年から今年にかけてSNS相談を行った全国13の団体が数分ずつそれぞれの取組を伝えるという程度のものです。

     

    私もそのうちの5分ほど、発表させていただいております。

     

    SNSカウンセリングシンポジウムにてパネラーを務めた上野大照

     

    その意味で、今回のシンポジウム開催の意味は、その内容よりも、多くの国会議員、全国の関係団体が一つになって、SNSカウンセリングをこれから発展させていくと手を結んだことにあると感じました。

     

    私がお話した部分をSNSで公開してくださるという話もありますので、その際は、再度ブログ掲載もさせていただこうとおもます。

     

    SNSカウンセリングが始まった価値

     

    そして実は、数分で伝えきれるはずがないと思い、東京に向かう新幹線の中で、ツイッターの連続投稿で、伝えたかったことの概要を書いてますので、ここに転載させていただきます。

     

     

    上記、日時のところをクリックしていただきますと、連続投稿を全て見ていただけると思いますので、SNSカウンセリングにおける私の意見を是非ご覧下さい。

     

    そしてこのシンポジウムに参加したことで、私自身もSNSカウンセリングに対し、新たに次のような認識が深まりました。

     

    ・SNSでも女性の方が圧倒的に相談率が高いということ

    ・SNS相談の年齢層は主に20代までで殆どを占めるということ

    (今まで手が届かなかった層に着手できた)

    ・いじめ相談は中学1年生が特に多いということ

    ・SNS相談は文字やスタンプ、写真などによるチャットのやりとりとなる為、対面や電話よりも相手の状況を掴むことに多くの時間がかかるということ

    ・SNSであっても、対面や電話に引けを取らない心理的な成果を上げているということ

     

    SNSカウンセリング最大の価値は繋がりやすさ

     

    そして一番注目すべきは、やはり今まで相談してこなかった多くの若者が、今回の仮実施期間に相談してきたということです。

    その数は、1日で数年分にも及ぶことまでありました。

     

    今の時代、SNSはやはりそれがなのだと思います。

     

    やってみて、やはり対面や電話よりも大変効率は悪い。

     

    しかし、情報を知ることができる確率が大きく変わる。

     

    今まで若者達に何が起きているのかを見定めるツールはないに等しかったわけですから…

     

    そして大きな問題となる前の対策ができることも多い。

     

    最大の課題は相談力の高いカウンセラーの養成

     

    その先にあることは、その他の方法で実施してきた自殺対策などと、同じような課題でしょう。

     

    その一つは、警察や支援団体などへどう繋ぐのか(アウトリーチ)。

     

    もう一つは、カウンセラーの相談力をどう養成するのか。

     

    たしかに文字によるカウンセリングは、対面・電話のような雰囲気によるものが伝わりにくいですから、相手からの情報獲得も難しいですし、他の相談方法よりも具体的に尋ねてもらえることや、アドバイスを求めている場合も多いようです。

     

    「気持ちを聞いてもらうことが解決へとつながる」という、従来の心理カウンセリングでは、うまくいかない。

     

    この点、私は逆に積極的な対話を生かした短期療法家ですから、従来のカウンセリングでは扱えなかった痒いところに手を伸ばせるのではないかと思っています。

     

    具体的には、

     

    ・短文で高頻度の返答能力

    ・それは短時間で明確な状況掌握

    ・現実的で具体的な行動提案

    ・短文でも深く受容する傾聴の力

     

    などでしょうか。

     

    今後、こういった事業に対しても、より充実したSNS相談員を養成していけるよう、研修内容の提案などをさせていただく所存です。

     

    こちらは、今月末に発売予定のSNSカウンセリング入門。

     

    SNSカウンセリング入門

     

    私もコラムを1ページほどだけ寄稿させていただいております。

     

    長々と書きましたが、今後共、こういった活動を注目いただけると一番有難いです。

     

    私の近況は、主にFacebookとメルマガにてお伝えしてまいりますので、どうぞこちらの無料メルマガをご登録下さい。

     

    ↓ご登録はこちらから↓

     

    心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

     

    いつもご愛読ありがとうございます。

     

    JUGEMテーマ:SNSカウンセリング

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック