自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.12.30 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    0

      [自己否定] ブログ村キーワード

       

      今回の記事では、日常生活がいかに自己否定という無意識的な苦しみのせいで効率を悪くしているのか、そして効率や能力を上げたり、良いサイクルを生み出していくにはどうしたら良いのかという点について書いた、過去のメルマガバックナンバーをご紹介させていただきます。

       

       

      この心理を抱えていると物事はうまく運ばない

       

      物事がうまくいく心理とそうでない心理がある

       

      物事をうまくいかせる対話は心理カウンセラーとして、必須の対話法です。

       

      この対話が下手であれば、おそらく筆者はカウンセラーとしての仕事がうまくいっていないでしょうし、セラピスト養成講座で強い意識して伝えている点も、この対話法にあります。

       

      それは"ある心理"について、どう扱っているのかということです。

       

      ある心理とは、『貴方自身と行動習慣』という点に潜む、自己否定についてです。

       

      心理カウンセラーでも、コーチでも、コンサルタントでも、一流の人になると、必ずと言って良いほど、このタイプのコミュニケーションをとっていると思われるものがあります。

       

      それを一言で言えば、『相手を力づける』ということになるのですが、今回はその説明となります。

       

      人は、自分に問題を感じていると、どうしても本来の力を発揮することができません。

       

      これはある意味、"絶対的な心理効果"であり、誰であっても逃れることのできないところです。

       

      一流の対人援助職業人は、このことを知っていますから、決して自分のお客様に否定的なコミュニケーションをとりません。

       

      心理カウンセラーであれば、ご自身の抱える心理問題を回復させる為であり、コーチであれば成長と達成の為、コンサルタントであれば、定められた目標に到達することを目的として、勇気と自信を手にしてもらえるようにするからです。

       

      では、彼らはそれをどのようにして、達成しているのでしょうか。

       

      それは、何かがうまくいっていないことを、"決して貴方のせいではない"と伝えることにあります。

       

      心理カウンセリングであれば、貴方自身の問題ではなく、『貴方の心の扱い方』の改善点を伝えるでしょうし、コーチであれば、大抵の場合は、『貴方の行動習慣』の改善点を伝えるでしょう。

       

      コンサルタントであれば、『貴方の戦略』について確認と新しい施策を与えるでしょう。

       

      つまり、起きている現象や問題、行動、習慣、結果などは全て、貴方自身の人格や性格、意図や意識などの、内面の問題ではなく、

      "貴方の対策"にあるのだと特徴づけるのです。

       

      この文章を読んでいる貴方は、貴方に起きていることを、無駄に自分自身のせいにしたり、自ら内面の問題だと認識させたり、能力がないと思い込んだりしていませんでしょうか。

       

      そういった考え方は、貴方から自信を奪うだけでなく、豊かなアイデアと効率(生産性やパフォーマンス)を落とさせ、人生を前進させる上で新しい行動の足かせとなってしまうのです。

       

      これを例えるなら、全力でブレーキを踏みながら、アクセルを踏もうとしているようなものです。

       

      それではやはり前には進めないのです。

       

      もし、今何かに苦しんでいたり、何かが期待通りにうまくいっていなかったとしたら、それは貴方の内面や性格、能力などに問題があるのではなく、

       

      『貴方がその為にとっている対策』

       

      を改善すれば良いのだと知っていただきたいと思います。

       

      どの業界にも一流の専門家は居ます。

       

      貴方が貴方自身を問題視する前に、そういった一流の専門家に、一度声をかけてみていただければと思います。

       

      今回は、『内面の問題視』と、『その対策』との大きな違いについて書かせていただきました。

       

      いつもご愛読ありがとうございます。

       

      (無料メルマガ『こころの仕組み』91号より編集・再掲)

       

       

      メルマガ"こころの仕組み"について

       

      筆者は日頃、ブログやFacebook、無料メルマガなどで、皆様の心理と人間関係にお役に立てるような情報を配信させていただいておりますが、中でも無料メルマガが、登録いただけばバックナンバーを追うこともでき、最も皆様の"今"に合った情報を配信させていただいております。

       

      それは心理の専門家としての、日常へのアドバイスだからです。

       

      Facebookでは、主に活動報告をさせていただいており、ブログでは筆者なりの社会への主張を書かせていただいております。

       

      それに対して無料メルマガでは、日常を送る読者様への心の力や人間関係の対策など、実生活に役立つアドバイスとなることを心がけています。

       

      筆者の日頃の文筆活動に注目いただける方や、こういった情報にご興味をいただける方は、無料メルマガにご登録いただけます。

       

      イベント情報のお知らせやブログ更新情報と共に、週1・2回程度、皆様の日常に役立つ心のお話が配信されます。

       

      心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

       

      JUGEMテーマ:悩み解消法


      0
        • 2018.12.30 Sunday
        • -
        • 16:55
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック