自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.12.30 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    0

      [心理学] ブログ村キーワード

       

      心理学と言えば、一般的にはどんな印象なのか。

       

      既に心理カウンセラーとして、また心理学講師として活動を始めて随分と経った今、筆者には一般的な感覚が抜けてきてしまっているような気もする。

       

      しかし、それでもあえてその感覚を予想するなら、おそらくは人の心理(考えていること)が読めることや、性格のタイプ別分類などについて意識されるもののように思う。

       

      どちらにしても、心理学を学ぶ目的は、心理カウンセリングや心理学講師、民衆心理を紐解いてマーケティングに生かす職業人などを除くと、一般的なものになる。

       

      特に心理が職業的に関係ないなら、自分だったら人が考える仕組みを知って、それが自分にとって都合の良い方向に動くようにしたくなるのではないか。

       

       

      昨今の心理学系出版物について

       

      このことは、心理学に関する一般書籍などに傾向があらわれており、できるだけわかりやすく、結果として自分の夢の実現の為か、誰かとの関係を良くすること、またはどうやって心理を操るのかというテーマでの本がよく出版されるようになって久しい。

       

      しかも、その傾向は現在になっても衰えることはなく、心理学を学ぶ本というよりは、心理をちょっとだけ扱って、少しは得することができるという程度のノウハウ本という印象を受ける。

       

      そういうニーズは大衆側にあるわけで、出版社はそれに見合う書籍を量産する。

       

      特にそこに違和感はないが、言ってることはもう少し本格的で、筆者自身が心理学を学ぶことで得てきたような”人生への好影響”を形にできないかと、常々考えてきた。

       

      しかし、商業出版などの話があるわけでもないのに、安易に自費で出版などをするのもまだ不安があり、また逆に商業出版を編集担当者と共に創り上げるよりは、自分だけでやってみたい気もする。

       

       

      「こころの教科書〜私を知る旅〜」を発刊

       

      このどこまでも中途半端な状況に応えてくれるSNSに出逢った。

       

      それが、noteというクリエイター向けのSNS。

       

      出版よりは随分と気分は軽く、ネット上に書いた記事を有料発行することができる。

       

      今回書き始めているのは、「こころの教科書〜私を知る旅〜」というもの。

       

      こころの教科書 私を知る旅

       

      実は既に10期までを行っている「心を学ぶ講座 心理編〜自己の旅〜」を、読み物として再現したものだ。

       

      値段は処女作でもあることから、お試し期間を設けて一先ず全編で1,080円。

       

      現在第2章までを公開し、第3章の執筆中。

       

      講座自体は64,800円で行っている以上、安くしすぎている感もあるが、実際に書いてみて、読み物としての限界もわかってきた。

       

      やはり読み物は「読むことで知り、学ぶことができる」というところに、留まるものだ。

       

      講座でお届けしているような、体験し、変化を体感いただくようなことは、やはり難しい。

       

      しかし、そうは言っても、講座自体を知れることの意味も大きい。

       

      また、講座を受けてくださった方にとっても、講座は対話しながら、悩みにも応じながら進む為、総合的に理論を網羅できないこともある。

       

      そう考えると、逆に受けたからこそ読んでわかることがきっとある。

       

      その意味では、1,080円で出す意味も余計にあるということで、現在はそうしている。

       

      お試し期間は9月30日まで。

       

      それ以降は3,240円とする予定。

       

      1記事(1章)のみを単品で買うと540円。今後公開していく全編がマガジンで購入するとすべてタダになる以上、みなさんマガジンとして購入して欲しい。

       

       

      購読者の感想

       

      既にお読みいただいている方からは、こんなご感想をいただいております。

       

      心屋仁之助さんのような、どこまでの個人の主観を伝えているようなものとは少し違うように思いました。ちゃんと理論も載ってるけど、専門書みたいに読みにくくない感じです。(40代、女性、主婦)

       

      講座に参加してから見ましたが、講座の中で言ってたことが、そういうことだったのかとわかるところがありました。講座では自分の生き方のこととかに集中してしまってて、理論としては何のこと言ってるのかわからないときもあったので、こういうものを出していただけるのは、すごく嬉しかったです。(40代、女性、音楽家)

       

      前から大照さんの講座は参加してみたかったのですが、値段もそれなりにしますし、日程もなかなか合わないので、有り難いです。パソコンから印刷して本みたいにして読んでます。(40代、男性、会社員)

       

      理論だけだったら読みにくかったのですが、カウンセリングを受けた人の体験なんかも書いてあるので、わかりやすかったです。こんなわかりやすい心理学の本は初めて読みました。(30代、女性、コピーライター)

       

      まだ数十名のご購入ですが、処女作にそれなりの反応をいただけていることに、心より感謝申し上げます。

       

       

      心理を積極的に学ぶなら

       

      ここまで書いてきてこう言うのもなんだが、やはり、心理の学びを積極的に体感しながら落とし込みたい人には、こちらの講座に来て欲しいと思う。

       

      心を学ぶ講座 心理編

       

      知的理解は、決して体感に敵うものではないからだ。

       

      講座の中では、それぞれの心理が、実際の日常の中で穏やかに前進できるよう、対話式の授業を意識している。

       

      自分のことも他人のことも、自分と他者でやりとりをするからこそわかることは多い。

       

       

      受講やお知らせについて

       

      現在はインターネットによる受講も受け付けていますので、遠方の方などもご自宅での受講が可能です。

       

      お待ちしております。

       

      私の近況は、主にFacebookとメルマガにてお伝えしておりますので、どうぞこちらの無料メルマガをご登録下さい。

       

      ↓ご登録はこちらから↓

       

      心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

       

       

      心理カウンセラーの匠を目指す教育講座

      6ヶ月のトレーニングで、高い実力を持つセラピストを養成します。

      (2019年1月から11期開講)

       

      心匠セラピスト養成講座

      ※10期への途中参加ですぐにスタートすることもできます。

       

      講座受講やカウセリングなどのご相談は、こちらからお願い致します。

       

      上野大照 無料受講相談

       

      いつもご愛読ありがとうございます。

       

      JUGEMテーマ:メンタルケア


      0
        • 2018.12.30 Sunday
        • -
        • 18:03
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック