自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

0

    「心理カウンセリングっていうのは、治療じゃなくて心のマッサージでしょ?」

     

    あるご夫人のカウンセリングを引き受けていた矢先、その方のご主人が「医師でもないのに、治療にならないでしょ」と乗り込んで来られたことがある。

     

    「心理カウンセリングは、何が辛いのかを聴くだけでしょうから、それでは何も変わらないはずです。」

     

    きっぱりと言い切られたご主人。

     

    実は私もそう思っている。

     

    というのは、業界批判的になってしまうかもしれないが、多くのカウンセリングがそういう実態なんじゃないかと思っているからだ。

     

    ご意見への明らかな同意と、だからこそ実際上の効果を出していく為に、心理カウンセリングが本来何をしていかないといけないのかについての対話が続く。

     

    結果、ご主人はご夫人の心理治療の賛同者となり、家庭の中にも治療チームが生まれることになった。

     

    何を根拠にどういうアプローチをして、解決させていくのか。

     

    それをハッキリと言いきれるカウンセリングでないと、意味がないと思う。

     

     

     

     

    心匠セラピスト養成講座アドバンスコース5期が開講し、今回はその初回授業。

    ベーシックコースを受講された人だけが対象者の限定コース。

     

    このコースはとにかく実践してもらいながら、相談援助者としての資質を高めてもらう。

     

    やってもらいながら、「そこをちょっとこういう言い方にしてもらっても良いですか?」とか「今カウンセラーとして思っていること教えてもらえます?」というようなやりとりをし、即座に相談者から違う反応が返ってくる対話法があることを体感していってもらう。

     

     

     

     

    相談者役も、自分の変化を体感できるから、一挙両得。

     

    実のところ、心理カウンセリングのトレーニングは、聴き方についてのものが多く、語りかけ方は少ない。

     

    しかし、実際に問題を短期間で解決したかったら、語りかけ方に強くならなければいけないのは当然。

     

    しかもそのヒントは、常にカウンセラー側が思っていることの中にある。

     

    ある意味、援助者側が思ったことを、効果的に口にできるかどうかが、悩みに短期解決を起こす秘訣なのだろう。

     

    とにかくここでは、それの実践実践実践。

     

    概念の学びは使えてこそ意味がある。

     

    ここからの1年間、共にカウンセリングの道を探求できる同志が入ってきてくれたことを、ありがたく思います。

     

     

     

     

     

    心匠セラピスト養成講座の詳細はこちら

     

    心匠セラピスト養成講座

     

     

    私の無料コラム・心理と人間関係の無料メルマガ・最新イベント情報は、こちらへご登録ください。

    現在、コロナ特別支援の動画3本を登録者に視聴プレゼントしています。

     

    心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

     

     

    YouTubeの動画コンテンツは、こちらからご覧ください。

     

    こころのミカタ 上野大照 YouTubeチャンネル


    コメント
    コメントする