自己を磨き人を導く心理学

子育てにお悩みの方へ

やる気を育てる子育てコーチのブログ
子どものやる気を育てる教育団体 東大阪青少年スポーツ育成クラブ

セラピーを受けたい人は…
(心理カウンセリング)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

0

    愛の旅 2Days Special workshop開催に当たり、愛について改めて動画を配信させていただくことになりました。

     

    まだ特に加工をしていない生動画ですので、見づらい点などもあるかと思いますが、一先ずはご覧いただけましたらと思います。

     

    動画は13分ほど。

    今を満たされて生きる為、ごくわずかな時間を、この視聴に割いてみていただければ幸いです。

     

     

    もしうまく再生できない場合は、こちらからURLをクリックしてみて下さい。

     

    動画:そもそも愛ってなんだろう(愛の旅 2Day Special workshopについて)

     

    そして、この動画を撮影するに当たり、私が心の中で考えていたことについて、ここで書かせていただきます。

     

    こちらもお読みいただけましたらありがたく思います。

     

     

    愛は技術なのか、運命なのか

     

    それは愛について語った第一人者の一人、エーリッヒ・フロムという方の言葉です。

     

    エーリッヒ・フロム 愛するということ

     

    もし愛を技術だとするなら学び、高めないといけない能動的なものとなるかもしれません。しかし、それを運命だとするなら、おとずれるものである以上、待ち受けるものであり、自然受動的なものともなります。

     

    私は愛について、それを技術だというのは、打算的な意味合いも帯びてしまう気がするので、やはりちょっと違和感がありますが、フロムの愛について能動的な姿勢には、心から賛同したいと思います。

     

    どんな人であっても、愛を獲得することが人生の目標であることに、おそらく間違いはありません。

    誰も自分一人しか存在しない世界で、とんでもない能力を持ち、素晴らしい発明、多くの土地を所有して、支配したいなんて思わないわけです。

    私たちが生きている本質的な意味は、そこに自分以外の人がいるからこそ、存在してるのだと思います。

     

    そしてその愛の目的は、愛されることに照準が定められています。

    正義も成功も、豊かさも、誰かに認めてもらい、誰かと分かち合いたいからこそのものなのです。

     

    しかし、実際的な愛の獲得は難儀なもので、そう簡単にうまくはいきません。

    愛がほしいからと相手に精一杯に尽くしてみても、まるで期待はずれな反応しか帰ってこないことだってあります。

     

    多くの人は、その目的を、人生を通じて学び、行い、高めて、または競ったりして果たそうとしますが、何故かそれが心から手に入ったとは言えないことが殆どです。

     

    こういう言葉を言えば、「もしかしたら愛されることばかりを考えてしまうから、私たちは間違ってしまったのか」と思うかもしれません。

     

    「愛されることではなく、愛すれば良い」

     

    そんな言葉は、誰だって一度くらいは聞いたことがあると思います。

    もしそれが真実なのだとしても、それだって、実際にはどうしたら良いのかわからないし、一時的にわかったと思ってみたとしても、誰かからそれは愛じゃないと言われたりもします。

     

    私たちの歴史は原始の時代から移動能力と通信手段の進歩と共に進んできました。

     

    それは結果として、多くの人と関わることを可能にしてきたでしょう。

     

    そのことで人は、自分が愛したい人、愛してもらいたい人を選べるようにもなりました。

     

    それはまるで商品のように。

     

    私はこのことについて、一度考えてみたいと思っています。

     

    「このことは、恋人や夫婦、パートナー、親子、家族という既にあるものへの愛に障害となってしまってはいないだろうか。もしかしたら私たちは、愛そのものについて、その多くを誤解してきてしまったということがあるんじゃないか。生きがいとか能力、成功とか達成なんかを語る前に、愛について先に学ばないといけないんじゃないか。人生という旅の始まりは、愛からスタートする必要があるんじゃないか。」

     

    最近はそんなことが頭をよぎります。

     

    私たちが本当に求めてるものは一体なんなのでしょうか。

    いつまでも消えることのない孤独を抱えたまま、それを完全な体感を持って語ることは、いつか本当にできるでしょうか。

     

    愛は、命の原初的なところから始まっています。

    愛の学びは、意識的な学習をしようとし始めるもっとずっと前から、無意識的に周囲の人たちとコミュニケーションをとりながら、勝手に行われてしまうものです。

     

    そして、多くの人が人生を通じて、愛というものの不足感または諦めの中にいるように思います。

     

    もしそれが実態なのだとしたら、私たちは愛を体験して学ぶ原初的なところから挫折してしまっているとういことはないのか。

    そうだからこそ、いつまでもたどり着けない、ゴールの見えない愛を探す旅を続けさせられてしまうんじゃないかと思わされるわけです。

     

    そんな風に思うからこそ、愛の旅というワークショップは、あらゆる人の新しい旅の始まりになれることを願って、愛を体験し、学ぶために作りました。

     

    これまでの理論的な講座とはひと味もふた味も違う、体験的で体感的な愛についてのワークショップ。

     

    どうぞ一度参加をご検討下さい。

     

     

    心を学ぶ講座特別編 愛の旅 2Days Special workshop

     

     

    お申込み受付を開始しております。

    告知ページを読むだけでも、愛について、少し違う観点から学ぶことができます。

    どうぞ御覧ください。

     

    また、現在オープンになっている「心を学ぶ講座」は、こちらの2コースです。

     

    心を学ぶ講座 心理編〜自己の旅〜

     

    ◇◆14期土曜コース(月2回)◆◇

    初回 9月28日(土)13:30〜16:00

     

    ◇◆15期火曜コース(月1回)◆◇

    初回 10月8日(火)13:30〜16:00

     

     

    講座受講まで興味はないけど、情報はチェックしておきたいという方は、無料メルマガにご登録下さい。

     

    心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

     

     

    JUGEMテーマ:心、体、そして魂。

     

     


    0

      家族の食卓

       

      リビングの会話。

       

      『リビングで一緒に過ごす時間ってありますか?そのときって、誰がどこに居るんですか?』

       

      家族の相談などを受ける時、私がよく訊く質問の一つ。

       

      「◯◯だから、こうなってしまうんです」

       

      という本人の感じている世界だけではわからない、家族のリアリティがそこにある。

       

      貴方は相手のことをどう思ってますか?

      相手は貴方のことをどう思ってると思いますか?

       

      そういう質問とは違う臨場感。

       

      相手と自分、自分を含む家族達。それぞれが普段どこに座っているのか。その時に誰が、どのように口火を切って、会話が始まるのか。

       

      そこには、言葉以上の人間関係が豊かにある。

      実際のコミュニケーションに僅かでも変化をつけられれば、望む関係を手に入れられる一歩は確実に始められるだろう。

       

      人は心でできている。

      人間関係は対話でできている。

       

      つまり、家族の心は対話にある。

      何を思うか以上に、どう関わるか。どうやって繋がるか。

       

      受講生の日常に生きた変化を体験してもらえる講座で在り続けたいと思います。

       

       

      心を学ぶ講座対話編の受講生と上野大照

       

       

      心を学ぶ講座 統合対話編〜男女の語らう旅〜

      4回目「男性社会と女性社会」より

       

      ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

       

      以下はお知らせになります。

       

      愛について、こちらの2日間のスペシャルワークショップが開講決定致しました。

       

       

      心を学ぶ講座特別編 愛の旅 2Days Special workshop

       

       

      お申込み受付を開始しております。

      告知ページを読むだけでも、愛について、少し違う観点から学ぶことができます。

      どうぞ御覧ください。

       

      また、現在オープンになっている「心を学ぶ講座」は、こちらの2コースです。

       

      心を学ぶ講座 心理編〜自己の旅〜

       

      ◇◆14期土曜コース(月2回)◆◇

      初回 9月28日(土)13:30〜16:00

       

      ◇◆15期火曜コース(月1回)◆◇

      初回 10月8日(火)13:30〜16:00

       

       

      講座受講まで興味はないけど、情報はチェックしておきたいという方は、無料メルマガにご登録下さい。

       

      心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

       

      JUGEMテーマ:人間関係


      0

        心匠セラピスト養成講座にて終わり際の一枚。上野大照。

         

         

        授業が終わりに近づいてきた頃、カウンセリングという仕事が、自分の人生にどんな出来事を起こしていくのかについて、そしてカウンセラーとはどういう信念で相談者と向き合うべきかを語り合っていた時のこと。

         

        私は以前に受けた、ある相談者とのことについて触れた。その相談者が、カウンセリングを受けた後、自分に起きた、これまでの人生ではまるで予想もしていなかった、ありえない出来事について語ってくれたことについて。

         

        「私を馬鹿にし続けてきたと思っていた人が、実は私を大切に思ってくれていたことを知りました。私はこれまで、自分の人生を誤解してしまっていたのかもしれません…」

         

        そう、涙ながらに語ってくれた。

         

        「あ〜、そうなんだ。カウンセリングって、セラピーってこういう仕事なんだ…。人の人生にこれまでにはなかったことを起こしていけるんだ。」

         

        その時、僕はそう思ったんですと口にしようとした瞬間…。

         

        やってしまった。

        こうなるとうまく語れなくなる。

         

        涙はほんの一筋程。

        しかし口が震え、うまく言葉にならない。

        でもこういう仕事なんだと語ることは止めず、伝え続けた。

         

        冷静で分析的で、キレのある回答を繰り出すことで、問題を解決していく。

         

        いつも私が演じようとする、私の仮面。

        私はそういう人だと思っている人も多いだろう。

        心の底から伝えたい熱の塊のようなものがあることは知っていても、普段それに触れようとはしない。

         

        何故か今回の授業では、それを隠しきれず…

         

        『より高い精度の分析的な観点、そして解決を促すアプローチ。そんなスキルも、人を助けたい、そして喜ばれることが嬉しい、そういうマインドがベースでこそ、生きるものなんです』

         

        直球的で青臭い。

         

        皆の受講姿勢が、そんないつもと違う私の側面を引き出してくれました。

         

        そんな授業だったこともあってか、終わり際、それぞれがどうして今ここに居るのか、どんな自分になっていきたいと思っているのかを、ここでまた泣きながら語ってくれました。

         

        共に涙しあったこの日のこと。

         

        私は忘れません。

         

        どうもありがとう。

         

        心匠セラピスト養成講座

        Chapter4『真実の構造』より

         

        ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

         

        心匠セラピスト養成講座は、13期が既に始まっています。

        次期は2020年1月または2月の開講。

        補講いただくことで途中入講が可能です。

         

        プログラムの詳細はこちら

        心匠セラピスト養成講座

         

         

        ご希望の方は、メッセージボタン、またはこちらのリンクからお問合せ下さい。

         

        上野大照の無料相談

         

         

        また、愛について、こちらの2日間のスペシャルワークショップが開講決定致しました。

         

        『心を学ぶ講座 特別編〜愛の旅 2Days Special workshop〜』

         

        心を学ぶ講座特別編 愛の旅 2Days Special workshop

         

        お申込み受付を開始しております。

        告知ページを読むだけでも、愛について、少し違う観点から学ぶことができます。

        どうぞ御覧ください。

         

        講座受講まで興味はないけど、情報はチェックしておきたいという方は、無料メルマガにご登録下さい。

         

        心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

         

         

        JUGEMテーマ:目指せ、セラピスト


        0

          先日の土曜日(2019年9月14日)は、日本ブリーフセラピー協会大阪支部にて毎月開催している定例研修会でした。

           

          今回のテーマは、ブリーフセラピーによる疾患との向き合い方。

           

          ブリーフセラピー協会大阪支部にてデモセッションの披露

           

          レクチャーとデモセッションによって、理解を深めていただきました。

           

          ブリーフセラピー協会大阪支部にてデモセッションの披露

           

          以下は同支部のFacebookページにて投稿させていただいた内容のコピーを掲載させていただきます。

           

          日本ブリーフセラピー協会大阪支部・9月度の定例研修会は「ブリーフセラピーによる疾患との向き合い方」をテーマとして扱いました。

           

          疾患との向き合い方は、カウンセリング法によって、その関わり方が異なります。

           

          ブリーフセラピーの場合、先ず前提として、医師との対象領域が住み分けられていることが特徴。

           

          カウンセラーは治療を主とした関わりではなく、生活支援であること。

           

          主たる症状によって、生活上で何に困っているのか。

          また、症状とは関係なかったとしても、生活の中で困っていることは何か。

          病気であるかどうかは関係なく、現状の悩みは何か。

           

          こういったことを質問していくと、場合によっては、主たる症状に治療効果を持つこともしばしば。

           

          「病理はコミュニケーションによって維持されている」というブリーフセラピーの初期構成メンバーであるジョン・ウィークランドが言った通り、仮に病気と言っても、そこには社会的な関わりがあることを否定することはできません。

           

          本人の問題との向き合い方(セルフコミュニケーション)と周囲との人間関係(対人コミュニケーション)によって繰り返されていることをに変化を起こせれば、症状もまたそのままではない可能性が高まるのだと思います。

           

          写真は、デモケースをライブ面接でやらせていただいたものと、レクチャー後にそれぞれ個人が感じたことをグループでシェアしていただいているところです。

           

          以上開催報告でした。

          今月の多くのご参加をいただき、ありがとうございました。

           

          ↓ 以下の情報もご覧下さい ↓

           

          10月度定例研修会は、ブリーフセラピー基本の一つ「ウェルフォームド・ゴール」の実用的な扱い方を学びます。

          一部を書籍で読んだ程度のブリーフセラピーの理解があれば、一般参加もご参加可能です。

           

          詳細はこちらから

          日本ブリーフセラピー協会大阪支部10月度定例研修会イベント情報

           

          ブリーフセラピー協会大阪支部にて講師をする上野大照

          (グループワーク中に撮った一枚)

           

           

          日本ブリーフセラピー協会大阪支部のご案内

           

          日本ブリーフセラピー協会大阪支部の研修に参加する場合は、毎月第2土曜日に開催している定例研修会、または毎年5月から月1回(第2日曜日)で始まる公式研修がございます。

           

          詳しくは、ホームページをご覧ください。

          日本ブリーフセラピー協会大阪支部HP

           

           

          ブリーフセラピスト上野大照の無料メルマガはこちらからご登録下さい。

           

          心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

           

          JUGEMテーマ:ブリーフセラピー


          0

            関西カウンセリングセンター キャリアコンサルタント養成講習

             

            本日、キャリアコンサルタントを対象としたセミナーの講師や、ご相談も受けることが増えてきたので、自分も同じものを学んでおこうと、「キャリアコンサルタント養成講習」の受講をスタートしました。

             

            今日は初日ということで、カウンセリング自体も初めての人向けの授業だったため、よく知ったことも多かったのですが、その中であまり知らなかったことも一部あり、それが気になるものだったので、ブログでシェアさせていただきます。

             

            セラピーとカウンセリングって違うの?

             

            これまで私は、この二つの概念をあまり違うようには捉えてませんでしたし、実際、日本ではあまり違うようにも扱われてない感じがします。

             

            見方によっては、名のある◯◯セラピーなどは“手法”を指しているし、カウンセリングは“臨床心理学”に基づいた対話のみによる心の治療法という解釈もあります。

             

            だとしても、やはりその境界線は曖昧です。

             

            これが実態だと思っていたのですが、今日の授業で講師をお勤めいただいた株式会社キャリア開発サポーターズ代表取締役の浅野衣子先生から語られたのは、そもそもアメリカで始まった2つの概念には違いがあって、それを日本で導入しようとするときに、うまくいかなかったというのです。

             

            私が自分で裏を取った情報とは違いますので、実際にどの程度の事実なのかはわかりませんが、興味深いものでした。

             

            アメリカでは全くの別もの?

             

            簡単に言えば、アメリカではセラピーとは治療行為であり、カウンセリングとは教育的で能力開発的な行為なのだと言うのです。

             

            また、アメリカでいうところのセラピーは、医師が行うものと同等の治療行為として位置づけられてもいるとのこと。

             

            これはアメリカ心理学会でのカウンセリングの定義を今日見せていただき、なるほどと思いました。

             

            その文章ではこう書かれています。

             

            「カウンセラーは、個人が一生涯にわたる発達的過程を通して効果的に機能するのを援助することを目的とする。その実践にあたり、成長と適応という個人の積極的側面に特に強調点を置き、かつ、発達的見地に立つ。

             具体的な援助活動の内容は、人々が個人生活および社会生活に必要な技能を身に付けたり、それを改善したりすること、この変動する社会に適応する力、環境的変化に対処する力や態度を向上させること、さまざまな問題解決能力や意思決定能力を発達させることなどを目指すものである。」

            アメリカ心理学会(1981)によるカウンセラーの定義より

             

            その要旨としては、教育や能力開発、発達・成長を助けるというような役割が列記されており、治療的な言葉ではないということ。

             

            つまり、アメリカにおいては、セラピーとカウンセリングが明確に線引されているという話なのです。

             

            では、心理学分野において大体がアメリカの動きを踏襲している日本が、どうしてそういう位置づけにならなかったのか。

             

            カウンセリングは医療じゃない?

             

            それについて、今日先生が言ってくださったのは、日本にこの文化が入ってくる時、心理療法としての治療的なカウンセリングが、「医療は西洋医学による治療のみ」という枠組みではじかれたという話でした。

             

            以前に、日本において心療内科が、医療として心理療法(セラピー)を医師が行う為に始まる筈だったのに、結局精神科と心療内科は似たようなものになってしまったという話を書いたことがありますが、これも似たような話に思えました。

             

            日本では、医師以外が医療を行うという壁がやはり高いということを意味しているようです。

             

            私はこれについて、誰が悪いのか、何が問題なのかという早計な話をするつもりはありません。

             

            ただ、これが日本における医療と心理業界との関わりなのだということを、井の中の蛙だったということで、また一つ知ることができたのだとすれば、立ち回り方を考える自由が手に入ります。

             

            そして永い時をかける必要はあるかもしれませんが、やはり専門治療的な枠組みとしてのセラピーは可能なのだという文化づくりに貢献していきたいと、決意を新たにしました。

             

             

            ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

             

            以下はお知らせになります。

             

            愛について、こちらの2日間のスペシャルワークショップが開講決定致しました。

             

             

            心を学ぶ講座特別編 愛の旅 2Days Special workshop

             

             

            お申込み受付を開始しております。

            告知ページを読むだけでも、愛について、少し違う観点から学ぶことができます。

            どうぞ御覧ください。

             

            また、現在オープンになっている「心を学ぶ講座」は、こちらの2コースです。

             

            心を学ぶ講座 心理編〜自己の旅〜

             

            ◇◆14期土曜コース(月2回)◆◇

            初回 9月28日(土)13:30〜16:00

             

            ◇◆15期火曜コース(月1回)◆◇

            初回 10月8日(火)13:30〜16:00

             

            詳細・お申し込みはこちらのホームページからお願いいたします。

            https://communications.jp/program/kokoro_lecture/

             

            講座受講まで興味はないけど、情報はチェックしておきたいという方は、無料メルマガにご登録下さい。

             

            心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

             


            0

              ブリーフセラピー研修プログラム3(ライブ面接)を実施

               

              先日(令和元年9月8日に)行われた日本ブリーフセラピー協会大阪支部の研修講師を務めさせていただきましたので、同Facebookページの投稿をシェアさせていただきます。

               

               

               

              日本ブリーフセラピー協会大阪支部のご案内

               

              日本ブリーフセラピー協会大阪支部の研修に参加する場合は、毎月第2土曜日に開催している定例研修会、または毎年5月から月1回(第2日曜日)で始まる公式研修がございます。

               

              詳しくは、ホームページをご覧ください。

              日本ブリーフセラピー協会大阪支部HP

               

               

              ブリーフセラピスト上野大照の無料メルマガはこちらからご登録下さい。

               

              心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

               

              JUGEMテーマ:ブリーフセラピー


              0

                心を学ぶ講座統合編を受講いただいたさわらぎ寛子さんと上野大照

                 

                 

                男女の性質、性差を紐解き、他者との関わり、自己との向き合い方、生き方へと学びを深めていくこの講座。

                 

                個人受講として最終回を受講くださった、キャッチコピーの専門家

                さわらぎ 寛子 (Hiroko Sawaragi)さん。

                 

                頭で何を学ぶのかというよりも、実体験を通じて学びたいと、実際生活上のことについて具体的にやりとりを望んでいただき、そのオープンな学習姿勢に、こちらも多くを学ばせていただきました。

                 

                キャッチコピーや文章というご自身の専門分野だけでなく、こうした別の分野を体験的に学ぼうという姿勢に、私も影響を受けています。

                 

                「学びになったのは、授業内容よりも実生活で起こる変化でした。」

                 

                と語ってくださったのは、こちらが提供したこと以上に、そうした彼女の学ぶ態度によって得られたものが大きかったのではないかと思います。

                 

                どんなことが起きたのか、現時点で私からは書けませんが、ご自身が身近なところに向き合うことで生じてきたこと。

                 

                とても素敵なことだと感じさせていただきました。

                 

                最後には、男女がその差を理解しつつも、どうやってそれを埋めあっていくのか。

                 

                人間関係における統合という視点について、詳しくやりとりさせていただきました。

                 

                ご本人よりFacebookにて投稿いただいた内容も、講座受講での心の動きがよくわかります。

                 

                ↓ こちらもどうぞ御覧ください ↓

                 

                「機嫌のいい女でいる」を、やめにした

                 

                講座修了、おめでとうございました。

                 

                心を学ぶ講座 統合編〜男と女の旅〜

                最終回「この世界の答え」より

                 

                ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

                 

                愛について、こちらの2日間のスペシャルワークショップが開講決定致しました。

                 

                 

                心を学ぶ講座特別編 愛の旅 2Days Special workshop

                 

                 

                お申込み受付を開始しております。

                告知ページを読むだけでも、愛について、少し違う観点から学ぶことができます。

                どうぞ御覧ください。

                 

                また、現在オープンになっている「心を学ぶ講座」は、こちらの2コースです。

                 

                心を学ぶ講座 心理編〜自己の旅〜

                 

                ◇◆14期土曜コース(月2回)◆◇

                初回 9月28日(土)13:30〜16:00

                 

                ◇◆15期火曜コース(月1回)◆◇

                初回 10月8日(火)13:30〜16:00

                 

                詳細・お申し込みはこちらのホームページからお願いいたします。

                https://communications.jp/program/kokoro_lecture/

                 

                講座受講まで興味はないけど、情報はチェックしておきたいという方は、無料メルマガにご登録下さい。

                 

                心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

                 

                 

                JUGEMテーマ:男と女


                0

                  家族間コミュニケーションの複雑さ

                   

                  本日の心匠セラピスト養成講座では、家族間コミュニケーションの複雑さについて扱いました

                   

                  ビジネス・友人・知人という人たちと、家族とでは、コミュニケーションにおける自由さが全く違うもの。

                   

                  もちろん、うまくいっている時には家族だからこその喜びがありますが、一度問題を抱えると、家族だからこそ言えないやりとりが出てきてしまいます。

                   

                  それ故に、自分の家族のことになると、専門家でもうまく対応できないということが多くある。

                   

                  だからこそ、自分の家族のことが問題になったときは、積極的に他の専門性を持つ人へ相談をした方が良いという話を事例を交えながらした回でした。

                   

                  そして家族や夫婦というパートナーシップの問題は、自分の自由や生きがいだけを考えると、解決像がわからなくなる。

                   

                  一時の我慢をするにしても、自分の意見を伝えるということにしても、何故そうするのかという意味(目的意識)があるなら価値があるし、そうでないなら、我慢しようが、我儘を通そうが、価値がない。

                   

                  “私単体(I)”で考えることと、“私達(We)”で考えることは、そもそも違う発想であることを明確にする対話もさせていただくことができました。

                   

                  心理援助の実際的で緻密なやりとりをできました。

                  受講ありがとうございました。

                   

                  心匠セラピスト養成講座

                  研究コース Class2より

                   

                  ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

                   

                  心匠セラピスト養成講座研究コースは、ベーシックコース・アドバンスコース修了後、よりプロフェッショナルな資質を磨いていく為のコースです。

                   

                  心匠セラピスト養成講座(ベーシック)は、13期が既に始まっています。

                  次期は2020年1月または2月の開講。

                   

                  次回は4回目の授業となりますが、補講いただくことで途中入講が可能です。

                   

                  プログラムの詳細はこちら

                   

                  心匠セラピスト養成講座

                   

                   

                  ご希望の方は、メッセージボタン、またはこちらのリンクからお問合せ下さい。

                   

                  上野大照の無料相談

                   

                   

                  講座受講まで興味はないけど、情報はチェックしておきたいという方は、無料メルマガにご登録下さい。

                   

                  心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:目指せ、セラピスト


                  0

                    2009年より昨年まで、自分が学びになったことや、活動報告、伝えたいことなどを、このブログを中心にお伝えしてきておりました。

                    しかし、このところはSNSやメルマガでの更新が主なものとなってきております。

                     

                    最も更新頻度が高いのはFacebookページ「心匠 上野大照」です。

                     

                    心匠 上野大照Facebookページ

                     

                    こちらでは、日々の講座でどのようなことをやりとりしているのか、またイベント告知などを主にさせていただいております。

                     

                    授業紹介に合わせ、私なりに今思う主張を、織り交ぜてお伝えしているのが特徴です。

                     

                     

                    もう一つは、メルマガ「こころの仕組み」。

                     

                     

                    心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

                     

                     

                    こちらは月数回という更新頻度となっていますが、少し長めの文章で、今私達が考えるべき日常のこと、人間心理について、そして人間関係改善のヒントなど、届いた方の日々にお役に立つような情報や、イベント告知などです。

                     

                    また、ホームページの方も、少し時間をかけながらですが、ちゃんと最新情報が見れるよう、整えていこうと思っております。

                     

                     

                    決して、ブログ更新をやめたということでもありませんが、あまり更新がされていないというようにも映ると思いますので、どうぞそれぞれで更新している投稿などで、ご覧いただけましたら幸いです。

                     

                    心理カウンセラーとして2009年から活動を開始し、既に10年が経った今、今後より一層、社会に役立つ存在となっていけるよう、精進させていただく所存です。

                     

                    今後共よろしくお願い申し上げます。

                     

                     

                    JUGEMテーマ:心理学


                    0

                      [心理学] ブログ村キーワード

                       

                      心理学と言えば、一般的にはどんな印象なのか。

                       

                      既に心理カウンセラーとして、また心理学講師として活動を始めて随分と経った今、筆者には一般的な感覚が抜けてきてしまっているような気もする。

                       

                      しかし、それでもあえてその感覚を予想するなら、おそらくは人の心理(考えていること)が読めることや、性格のタイプ別分類などについて意識されるもののように思う。

                       

                      どちらにしても、心理学を学ぶ目的は、心理カウンセリングや心理学講師、民衆心理を紐解いてマーケティングに生かす職業人などを除くと、一般的なものになる。

                       

                      特に心理が職業的に関係ないなら、自分だったら人が考える仕組みを知って、それが自分にとって都合の良い方向に動くようにしたくなるのではないか。

                       

                       

                      昨今の心理学系出版物について

                       

                      このことは、心理学に関する一般書籍などに傾向があらわれており、できるだけわかりやすく、結果として自分の夢の実現の為か、誰かとの関係を良くすること、またはどうやって心理を操るのかというテーマでの本がよく出版されるようになって久しい。

                       

                      しかも、その傾向は現在になっても衰えることはなく、心理学を学ぶ本というよりは、心理をちょっとだけ扱って、少しは得することができるという程度のノウハウ本という印象を受ける。

                       

                      そういうニーズは大衆側にあるわけで、出版社はそれに見合う書籍を量産する。

                       

                      特にそこに違和感はないが、言ってることはもう少し本格的で、筆者自身が心理学を学ぶことで得てきたような”人生への好影響”を形にできないかと、常々考えてきた。

                       

                      しかし、商業出版などの話があるわけでもないのに、安易に自費で出版などをするのもまだ不安があり、また逆に商業出版を編集担当者と共に創り上げるよりは、自分だけでやってみたい気もする。

                       

                       

                      「こころの教科書〜私を知る旅〜」を発刊

                       

                      このどこまでも中途半端な状況に応えてくれるSNSに出逢った。

                       

                      それが、noteというクリエイター向けのSNS。

                       

                      出版よりは随分と気分は軽く、ネット上に書いた記事を有料発行することができる。

                       

                      今回書き始めているのは、「こころの教科書〜私を知る旅〜」というもの。

                       

                      こころの教科書 私を知る旅

                       

                      実は既に10期までを行っている「心を学ぶ講座 心理編〜自己の旅〜」を、読み物として再現したものだ。

                       

                      値段は処女作でもあることから、お試し期間を設けて一先ず全編で1,080円。

                       

                      現在第2章までを公開し、第3章の執筆中。

                       

                      講座自体は64,800円で行っている以上、安くしすぎている感もあるが、実際に書いてみて、読み物としての限界もわかってきた。

                       

                      やはり読み物は「読むことで知り、学ぶことができる」というところに、留まるものだ。

                       

                      講座でお届けしているような、体験し、変化を体感いただくようなことは、やはり難しい。

                       

                      しかし、そうは言っても、講座自体を知れることの意味も大きい。

                       

                      また、講座を受けてくださった方にとっても、講座は対話しながら、悩みにも応じながら進む為、総合的に理論を網羅できないこともある。

                       

                      そう考えると、逆に受けたからこそ読んでわかることがきっとある。

                       

                      その意味では、1,080円で出す意味も余計にあるということで、現在はそうしている。

                       

                      お試し期間は9月30日まで。

                       

                      それ以降は3,240円とする予定。

                       

                      1記事(1章)のみを単品で買うと540円。今後公開していく全編がマガジンで購入するとすべてタダになる以上、みなさんマガジンとして購入して欲しい。

                       

                       

                      購読者の感想

                       

                      既にお読みいただいている方からは、こんなご感想をいただいております。

                       

                      心屋仁之助さんのような、どこまでの個人の主観を伝えているようなものとは少し違うように思いました。ちゃんと理論も載ってるけど、専門書みたいに読みにくくない感じです。(40代、女性、主婦)

                       

                      講座に参加してから見ましたが、講座の中で言ってたことが、そういうことだったのかとわかるところがありました。講座では自分の生き方のこととかに集中してしまってて、理論としては何のこと言ってるのかわからないときもあったので、こういうものを出していただけるのは、すごく嬉しかったです。(40代、女性、音楽家)

                       

                      前から大照さんの講座は参加してみたかったのですが、値段もそれなりにしますし、日程もなかなか合わないので、有り難いです。パソコンから印刷して本みたいにして読んでます。(40代、男性、会社員)

                       

                      理論だけだったら読みにくかったのですが、カウンセリングを受けた人の体験なんかも書いてあるので、わかりやすかったです。こんなわかりやすい心理学の本は初めて読みました。(30代、女性、コピーライター)

                       

                      まだ数十名のご購入ですが、処女作にそれなりの反応をいただけていることに、心より感謝申し上げます。

                       

                       

                      心理を積極的に学ぶなら

                       

                      ここまで書いてきてこう言うのもなんだが、やはり、心理の学びを積極的に体感しながら落とし込みたい人には、こちらの講座に来て欲しいと思う。

                       

                      心を学ぶ講座 心理編

                       

                      知的理解は、決して体感に敵うものではないからだ。

                       

                      講座の中では、それぞれの心理が、実際の日常の中で穏やかに前進できるよう、対話式の授業を意識している。

                       

                      自分のことも他人のことも、自分と他者でやりとりをするからこそわかることは多い。

                       

                       

                      受講やお知らせについて

                       

                      現在はインターネットによる受講も受け付けていますので、遠方の方などもご自宅での受講が可能です。

                       

                      お待ちしております。

                       

                      私の近況は、主にFacebookとメルマガにてお伝えしておりますので、どうぞこちらの無料メルマガをご登録下さい。

                       

                      ↓ご登録はこちらから↓

                       

                      心匠 上野大照のメルマガ こころの仕組み

                       

                       

                      心理カウンセラーの匠を目指す教育講座

                      6ヶ月のトレーニングで、高い実力を持つセラピストを養成します。

                      (2019年1月から11期開講)

                       

                      心匠セラピスト養成講座

                      ※10期への途中参加ですぐにスタートすることもできます。

                       

                      講座受講やカウセリングなどのご相談は、こちらからお願い致します。

                       

                      上野大照 無料受講相談

                       

                      いつもご愛読ありがとうございます。

                       

                      JUGEMテーマ:メンタルケア


                      << | 2/63PAGES | >>